飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

高校野球と坊主頭

これは古くて新しいテーマである。

【坊主頭】 坊主のように髪を刈ったり、短く刈った頭 (広辞苑 第三版 岩波書店 より)

まあ、お坊さんと関係があるのは間違いない。でも精神は単なる『丸刈り』とは大いに違うのだ。
もちろん野球規則には頭髪規定はない(はずである)のは、メジャーリーグの試合を見ていればわかであろう。
野球場1PNG
ただし、高校野球では規定を調べたわけではないが、あの口うるさく、いつも上から目線の高野連であるから、「高校生らしい髪型」とか、「脱色はダメヨ」とかは、あるに違いないのである。
でも、少なくとも坊主頭を規定した規則はない。それを証拠に最近甲子園でも坊主頭以外の球児が増えてきている。
プレーををするにはどっちでもいいことで、くだらないことである。
とは思わないのである。
強豪中学校などではやっぱり坊主頭のところはあるが、これはどっちでもいいのである。

でも、高校野球はボウズだ。

これは高校野球こそ日本の誇る演歌の神髄だからなのだ。
世界中のどこの国に、たかが『ハイスクールベースボール』にこれほど熱狂するオヤジたちがいるのであろう。
これは
一生懸命さや、根性野球の原点、ちょうどよいヘタさ加減、ほとんど2年半程度しかないプレー期間、将来のプロ野球像など 
をいろいろ想像してしまう日本的 『こころ』 そのものなのである。
わが息子とその周囲の野球仲間をみていると、強豪校であるため、はじめからがみんな坊主なので坊主にしている選手から、「絶対に坊主はいや」、「坊主にするくらいなら野球をやめる」と言っている(結構あちこちにいる)ものの、勢いと気合で坊主にする者まで様々である。
特に、夏の甲子園大会予選は特別であり、盛り上が半端ではない。
オヤジたち以上に選手たちの高揚感、気概はすさまじく、気持ちをボウズとして表すことも少なくないようである。
夏の大会前には監督も坊主頭にすることもめずらしくないのである。
もちろん坊主を強制しているチームもあるだろうが、強制しなくともやはり夏は、暑さの問題ではなく相当な頻度で坊主にしてしまうと思われる。

暑さでなく熱さなのだ。

だから、最近甲子園で、長髪(坊主頭以外)も増えてきてはいるが、きっとこれ以上は増えなのではないかと思う。
昔から
  • 坊主頭=お坊さん=修行、精進、
  • 坊主頭=懲罰
  • 坊主頭=気合
というような感覚で坊主頭にするのであろう。
坊主あたまは「高校生らしい」とか「軍隊みたいだ」とかいろいろな意見はあるが、私の意見ではこれはどう考えても精神の問題であるので、

高校球児は坊主でなければダメなのである。

スポーツ刈りも許さないのである。
日本のおじさんのためにも坊主なのである。
演歌の神髄なのである。
議論の余地は 1mmもないのである。

がんばれ高校球児!
 




スポンサーサイト
2012-12-20 : 高校野球 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。