飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

軟式野球

正統派野球オヤジは軟式野球については飲みながら語り明かさないのである。
何故なら、野球ではないからなのである。
軟式ボール
"Baseball " これは、まさに硬式野球を意味する。むしろ、軟式だの準硬式だのを日本ではじめてしまったので、もともとの野球にわざわざ 硬式 とつけなくてはならなくなったのである。誤解していただいてはいけないのは軟式野球を否定しているのでも、卑下しているのでも決してないということである。まったく別の競技であると言っているのである。
Baseball ⇒ 野球(Baseball≠野球)であって、いわゆる軟式野球は直訳では soft ball baseball?  むしろrubber ball baseballというようになるのであろうが、ソフトボールには baseball とついていないので、rubber ball game がいいのではないか。つまり、硬式と軟式の相違はとてつもなく大きいのであるといいたい。
ボールが飛ばない、打球が遅い、へんなはずみ方をする等々。ゲームにおいてもっとも大事なボールが違うため、戦法、練習も異なってくるのである。
とくにボールによる影響のためレベルが上がれば点数が入りにくくなり、僅少差の試合ばかりふえてしまう。点数が入らず、ボールも飛ばないので見ていてもおもしろくないので観客が少ない。かくいう私も "草 rubber ball game" はときどき参加している。気軽にできる反面、ヘタクソが多すぎて内野ゴロ(特にサード、ショート)なんかは、時々にしかアウトにならない。一方、トップレベルでは点数が入らない。
要するに、ヘボであるとゲームにならないし、上達すると low score game になる。気軽さと引き換えに面白さがない所以である。
硬式ボール
そこで、正統派からややはずれた野球オヤジである私が、rubber ball game はどうしたら面白くなるかを考えてみた(もちろん酔っぱらってである)。
そこに画期的な答えを見出したのである(それほど偉そうなもんでもないが)。
硬式野球と rubber ball game のベース間、投手~本塁間距離は全く同じなのである。
ボールが違うのにこれはおかしいでしょ。
だからベース間距離を短くするのである。
どのくらいがよいかは、実際に試行錯誤で決める必要がるが、おそらくソフトボールと野球の中間くらいでよいのではないだろうか。距離を縮めることで、おじさんサードでも1塁への暴投が少なくなる。走るのがやっとの年1、2回プレーヤーでもヨレヨレ感が少なく、足のけが(みなさんご存知のように実に多いでしょう)が減る。また、トッププレーヤーのゲームでは当然外野のヒットゾーンが広くなって、点数が入りやすくなる(打てなくなるとつまらないので、投手~本塁間距離は変更なくてよいかもしれない)。いいことづくめではないかい。

ベース間距離を短縮することに抵抗のあるあなた。
ちょっと考えてみて。硬式野球のベース間がどうやって決まったかを。

ピッチャー~ホームベース間 60フィート6インチ (18.44メートル)、塁間 90フィート (27.431メートル) とな
っているが、みなさんこれを絶妙の距離であると思っているはずである。この距離はゲームをする中で、少しずつ変えていって、一番ゲームが面白くなる距離にしたと TV で放映されていたような気がする。それが本当かどうかは別として、硬式ボールを使う上では絶妙な距離なのある。
したがって、ボールが変わってしまえばむしろそのボールによる絶妙な距離というものを新たに決めなければならないのである。
当初は野球の普及を考えて、ボールだけを軟式にして作ったのでしょうが、どだい無理があったのである。
ソフトボールの
距離は思い切りがいいでしょ。
話題はそれるが、日本における軟式野球の距離の設定同様に、実はアメリカでも結構いい加減なのである。知っている人はあまりいないでしょうが、アメリカに本部のある学童野球 (リトルリーグ)は硬式ボールを使用するにもかかわらず、ベース間、ピッチャー~ホームベース間とも男子ソフトボール競技と全く同一なのである。硬球とソフトボールですよ。
こちらもどちらか、もしくは両方に無理があると思うが、リトルリーグには思い入れが強いので別の機会に論じさせていただきたい。

さて、軟式野球の最大の利点は手軽でお金もかからないことである。
少年野球をはじめ、野球競技人口の維持には最大の貢献をしているのは間違いなく、軟式がなければ日本の野球はここまで普及しなかったのは疑いのない事実である。それを考えれば普及のために軟式野球というネーミングはよく考えられていた。

でも、でも野球オヤジとしては野球とは認められない。

野球は危険でお金がかかって、気軽にできなくてよいのである。気合をいれてやらねばならない。そこに意義がある。軟式は演歌に通じない。

ちなみに、準硬式ボールや K ボールなどというものもある。
私は準硬式野球をずいぶん長くやっていた。
軟式野球も結構やった。ソフトボールでは一般男子で県大会にも出場した。
でも正統派ではないにせよ野球オヤジを自負している。

そして、だれよりも偉そうに硬式野球について語ってしまうのである。

参考文献   2012年公認野球規則 ベースボールマガジン社

 
スポンサーサイト
2012-12-13 : 軟式野球 学童野球 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。