飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

「中締め」に追記せざるを得なくなりました

2013年11月3日 東北楽天ゴールデンイーグルスが読売ジャイアンツをギリギリの7戦で撃破して日本一となった。
震災復興中の東北であり、あの嶋 基宏選手の 「東北の底力」 「野球の底力」 メッセージから2年。
非常に感慨深いものであり、東北のみならず日本中が歓喜したに違いない。
野球オヤジとしても 9年間もの間イーグルスを見続けていて、こんなに早期に日本一になるとは夢にも思っていなかったのである。この筋書きのないドラマはまさに 「演歌の世界そのもの」 でなないだろうか。
日本シリーズだけをとっても 6戦で負け試合ながら 160球完投し翌日に考えがたい志願の登板をした田中将大投手。田中2おそらく彼は来年は MLB に挑戦するため、このチームで、この日本で、すべてやり尽くし、自分のすべてをファンに伝えようとしたのである。それをファンは理解しているので(第7戦は球場で観戦していたが)、田中が登場したときに 9回裏の登場テーマ曲 「あとひとつ」 をスタンド全体で大合唱したのである。
田中投手の最後を見届けて、気持ちよく送り出すために。
田中は FA ではなく早期にチーム去るためにファンに最後の雄姿を見せようとしていたし、ファンは田中の最後の投球を目に焼き付けようとしていたのだ。
さらにもうひとつ。
第5戦でデッドボール後に3塁まで激走して、不本意ながら代走を送られた藤田選手の涙。この悔しさも我々には痛いほど伝わっている。
この2つのことは非常に奥深く、西欧人には理解しがたいのではないかと思う。
どうして160球も投げ、しかも翌日も投げる必要があるのだ。
痛みで走れなくて代走を送られて泣くことはなだろう。  と
ここに 「野球は演歌だ」の世界が集約されている。 
野球は単なるスポーツではない。
日本人にしか理解はできない。ベースボールとは異なるのである。
最後の最後で「最高の演歌」を見せていただいた。                     
   
2013年11月

 

スポンサーサイト

2013-11-09 : 中締めとさせていただきます : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。