飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

野球の疑問―主にプロ野球について

野球は基本的に娯楽なので、交通規則のような細かな決まりは必要ない。
ファジーであるから面白いところもたくさんある。
また高校、大学、プロ野球とレベルが上がれば上がるほど験を担ぐ選手が増えるので、論理だけでは説明できないことも数多くある。
今回、その中ですぐに思いつく気になることを挙げてみる。考えるヒト

◇ 画いてあるのに意味のないコーチャーズボックス (ルールブック上はコーチスボックス)以下は公認野球規則より
4・05 ベースコーチ
(a)攻撃側チームは、攻撃期間中、二人のベースコーチ〔一人は一塁近く、他は三塁近く〕を所定の位置につかせなければならない。
(b) べースコーチは、各チーム特に指定された二人に限られ、次のことを守らなければならない。
(1) そのチームのユニフォームを着ること。
(2) 常にコーチスボックス内にとどまること
 ペナルティ 審判員は本項に違反したものを試合から除き、競技場から退かせる。
 【原注】ここ数年、ほとんどのコーチが片足をコーチスボックスの外に出したり、ラインをまたいで立ったり、コーチスボックスのラインの外側に僅かに出ていることは、ありふれたことになっているが、相手チームの監督が異議を申し出ない限り、コーチスボックスの外に出ているものとはみなされない。しかし、相手チーム監督の異議申し出があったら、審判員は、規則を厳しく適用し、両チームのコーチがすべて常にコーチスボックス内にとどまることを要求しなければならない。
以下略
ということは相手の監督さえよければ一塁近くと三塁近くならどこでもよいらしい。現役プロ野球の審判に尋ねたところ、コーチスボックスは比較的安全な位置を示すだけで、どこに立っていても問題ないとのことであった。
その反面、学童野球をはじめとしてアマチュア野球やソフトボールではちょっと外に出たりしただけでやたら口やかましく指導されるのは何故でしょう。審判の職権乱用でしょうか。
 
◇ プロ野球では内野ゴロでアウトをとると内野回しをしてそのままボールをピッチャーに返して使用するのに、投球がワンバウンドしただけですぐにボール交換を要求する。
ボールが土で汚れた場合に、見えにくくなるので打者がボールの交換を要求するのは理解できる。投球が捕球前にワンバウンドしただけでキャッチャーが交換を要求する意味が不明。投手側に有利になるのであれば交換しない方がよいと思う。
これも現役審判に聞いたところ、外人打者は頻回に交換を要求することが多く、捕手が交換を要求するのは日本人選手がまじめで、紳士だからではないかとのこと。
その反面内野ゴロアウトのボールはほとんどそのまま使用するのは何故でしょう。これは審判も分からないとのことであったが、私はアウトをとったボールということで験を担いでいるのではないかと思っている。
 
◇ 3塁コーチからのブロックサイン 
コーチはベンチからのサインを中継しているだけなので、直接ベンチから出してはだめなのかと思う。高校野球ではベンチから出しているので、見えにくいということはないであろう。
さらにダッグアウトの場所によらず3塁コーチが出すのはなぜでしょう。1塁コーチではダメなのでしょうか。
これも審判に聞いたら分からないそうである。ただ、ベンチで監督の出すサインはすごく単純だとのことであった。
もしかしたら監督は相手チームからは見えにくく3塁コーチだけが見やすいところにいて、その3塁コーチが相手に分かりにくくするために複雑にしているのかも。
なんか時間の無駄なような気がする。
 
◇ ランナーやバッターがキャッチャーのサインを見て教えると (ルール違反ではないが)、紳士協定に反すると、注意を受けるのにキャッチャーが相手ベンチから打者、走者に出すサインを見るのはお咎めなし。何故でしょう。
 
◇ 攻撃が2アウトになると投球練習を始める投手
試合中ベンチ前投球練習禁止が来年から実施されそうである。
公認野球規則3・17『プレーヤーのベンチ入り』
 両チームのプレーヤー及び控えのプレーヤーは、実際に競技に携わっているか、競技に出る準備をしているか、あるいは1塁または3塁のベースコーチに出ている場合を除いて、そのチームのベンチに入っていなければならない。試合中は、プレーヤー、控えのプレーヤー、監督、コーチ、トレーナー、バットボーイの他は、いかなる人もベンチに入ることは許されない。
この「競技に出る準備をしている」ことに、投手が当てはまるかどうかということであるが、世界的にはこれは次打者を指すものであるようだ。
日本独自の肩慣らしの慣習は、そもそもが違反だったということだ。
何を今さらとは思うが、投手には回の初めに投球練習が認められている (公認野球規則8・03ピッチャーは各回のはじめに登板する際、あるいは他のピッチャーを救援する際には、キャッチャーを相手に8球を超えない準備投球をすることは許される。この間プレイは停止される。各リーグは、その独自の判断で準備投球の数を8球以下に制限しても差し支えない。このような準備投球はいずれの場合も1分間を超えてはならない。突然の事故のためにウォームアップをする機会を得ないで登板したピッチャーには、球審は必要と思われる数の投球を許しても良い。) ので、なるほど投球練習まえの準備までをグラウンド内でやるというのはやはりおかしいのかもしれない。
少なくとも日本独自のことであるならば、他国と同様に出来ないはずはなく、慣れだけのことであろう。
確かに日本だけが異なっているというのは恰好がよろしくないが、少年野球から親しんできた儀式を簡単にかえられるのか、見ものである。
 
◇ ハーフスイングがなぜアピールプレィか
ハーグスイングの判定が主審からみえにくいのであれば、現行のようにいちいちキャッチャーのアピールによって塁審がジャッジするのではなく、主審がストライクのコールをしない場合であって塁審からみて空振りと判定されるものは、自動的に塁審がコールした方がすっきりすると思う。
 
◇ ルールとは関係ないが、イニング前の投球練習で投手がゼスチャーでストレートやカーブなどの球種を指定してから投げるのはなぜか
バッターが球種ごとにタイミングを合わせやすくなるのではないか。これについては本当かどうか確かではないが、審判に対して球筋を覚えてもらって、アウト、ボールのコールをしやすくするようなアピールの意味があるとの意見を聞いたことがあるが、いかがなものか。
 
細かい点まで含めればこのような疑問はもっともっとあると思われる。
こんなことも考えながら野球をみているといろいろな興味が湧いてくるのである。 
スポンサーサイト
2013-10-12 : 野球の疑問 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。