飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ゴロの捕球姿勢

『これは絶対』 の一項目にしようと思ったものの、私自身が外野手であったためそこまでの自信はなく 『これはほぼ絶対』 にとどめることとしたゴロ捕球方法。
ゴロの取り方には一家言持っている方が多く、何が本当かよくわからなくなってしまうほどである。
足幅、グラブと足の位置、腰の高さ、目線、捕球姿勢、捕球位置、グラブの出し方等々。
実際には自分で反復練習して自分の体や関節の柔軟性にあった捕球方法を会得していくしかないとは思うが、まあ正しそうであると感じている点を2,3列記してみる。
・無理にボールの正面に入る必要はない。ノックでは正面、正面といわれるが、ギリギリで追いついて正面で捕球するとそのあとの送球が困難になるので、捕球できれば体の左側でも、逆シングルで体の右側で捕球してもよい。MLB の影響か最近のNPB のショートなども三遊間の打球は無理に正面に入らずに逆シングルで捕球していることが多い。
内野ゴロ捕球図MLB2
・打球は真正面からみないで斜め横から見るようにする。これは目の構造を知っていれば当然なこであり、真正面からでは遠近感がなく、横や斜め横から見た方がゴロを捕球するポイントも判定しやすい。
・捕球位置はゴロの頂点から落下してきたところか、上がりかけのショートバウンドの位置。これはイレギュラーが少ないので当然。
以上のようなことはまあ理解できるが、本日の内容からみれば小結程度。
本日の横綱は 『腰は落とすな。背中を地面に平行にしろ』 ということである (図1)。
大昔からいわれてきた 『腰が高い、もっと腰を落とせ』 は単なる呪文と心得るべし。
腰を落とす⇒尻は地面に近くなるが背中は起き上がる⇒顔が地面より離れる
内野ゴロ捕球図少年2
⇒打球への恐怖感がでる、重心が後傾し俊敏に動けない⇒トンネルが増える、イレギュラーに対応できない。 (図2)
逆に背中を地面に平行にすることで、顔は地面に近づき、そのままの姿勢で顔を上げることで視線も地面と平行になる。(図1) 
これがボールへの恐怖感を少なくするのに有効である。
腰を落として顔が高い位置にあると地面(ボール)を斜め上方から見ることになり恐怖心が増大するのである。
あんまり適当ではないが、分かる人には分かるのでスキーに例えてみる。
スキー場 急斜面をすべるのは恐怖感との戦いである。その恐怖感を和らげる方法が大昔に読んだスキーの教習本に載っていたのを思い出した。「急斜面では視線を真正面(下界の地面と平行方向)に向けると高さが恐怖感に直結するので、視線は必ず斜面と平行にせよ。」
とのことであった。これで視覚上では斜面を滑り降りのは平地を滑るのと同様になるということである。これで本当恐怖感はなくなるのである。その後の私のスキヤーとしての活躍は万人が知るところとなった。(注;万人はバンニンではなく、知り合いのマント君です)
この状況ととボールを見る視線の相違による恐怖感の違いは非常に似ているのである。
この 『背中と地面を平行に』 という指導は14,5年前にアメリカの Kids 向けのさもないbaseball 指導書で眼にしたのが最初で、当時日本でこんなことを書いている指導書は見当たらなかった。
最近では上級者がこのように捕球しているのが判明してきたためか、腰を落とせというのを否定する指導者もでてきたようである。
たとえば「高木守道の名人野球教室~内野守備編」では 低いゴロの捕球には体を低く下ろしますが、その時、背中は地面と平行にしてください と記載してある。
パイロン 実はこの姿勢をとり続けることは容易ではなく、ゴロ捕球の一連の動作のなかで捕球するときだけでよいのである。したがってこの姿勢で打者が打つ前から構えているわけではないが、この捕球姿勢を覚えこませるために、工事中の道路にあるような円錐形のパイロンの小さい奴 (小学校の体育館にあるような) を子供の背中にのせて、落ちないようにしながら数歩歩かせて感覚を教えたこともあった。昔からなかなかいろいろ工夫していたのである。
ちなみに、昔見たアメリカの指導書には背中に乗せた水の入ったコップの水がこぼれないような体勢との記載であったと思う。
これまで、ゴロは腰を落として捕ると信じていた 「なんちゃって野球通」 の方は、プロ選手の捕球の瞬間の姿勢を是非確認することをお勧めする次第です。
    
スポンサーサイト
2013-09-07 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。