飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

プロ野球選手の将来

トッププレーヤーが何億円もの年俸を手にするプロ野球。
その一方でプロ野球選手にはなれたものの、期待通りの成績があげられず、人知れず球界を去っていく選手。
現在の日本はどこの業界でも競争が原則となっているので、当然といえば当然ではある。しかし、プロ野球選手の場合は少し違うのではないかと思う。
年金セピア
まず、プロ野球選手になるためには才能があって、さらに並々ならぬ努力と夢を実現していくだけの強い意志が必要である。
常人ではまず無理な世界である。
並みの実力では到達不可能である。
政治家や芸能人のように多数の二世議員が存在する世界とはわけが違うのである。
長嶋二世でも野村二世でも通用しなかったのように。むしろ彼らは健闘した方で (もちろんスーパースターである父親が監督をしている時期にも重なったことはあるが)、通常はプロ野球選手どころか甲子園出場でさえ容易ではない。
そこまでしてたどりついたプロ野球選手。
ここでは一流選手ではなく、平凡以下の選手の将来はどうなのであろうかと論じてしまう。
成績が悪ければあっさり解雇されてしまう世界である。年齢にはよらないのである。
プロ野球選手になったことだけでも十分に価値があると思う私は、なんとかならないものか考えてしまう。
まず、再就職あっせんである。
最近では少しずつ引退後の準備をするような動きもでてきてはいるが、そもそも野球だけしかしてこなかった人間にいきなり他の職業はかなりきびしいと思う。
だから、若い時から最低限の勉強はしておけなどといわれているが、ほかのことなんか本気でやっていては一部の選手をのぞいてプロ野球選手には到達しないのである。
ドラフトなり、ドラフト外であれ、指名したからには企業が責任を持つというのはどうでしょう。
球団の親会社はプロ野球チームを持つくらいなので大会社なわけですよ。解雇された野球選手を雇うくらいの余裕がないわけないじゃないですか。本人が希望した場合は、引退後 (自由契約も) はかならず親会社 (関連会社でも可)で採用することにできないものでしょうか。
契約の一項目にいれられないものでしょうか。
プロ野球選手は少年のあこがれ、夢ではないですか。
それを達成した人たちをもっと大目にみてもいいじゃないですか。
そしてまた、年金が困ったものなのである。
日本では、10年以上の選手登録された場合に、55歳から年間約100万円が支給されるのに対し、メジャーリーグでは選手登録 5年以上が有資格者となり、10年の選手登録があれば満額 (年間18万ド) となり、60歳以降、死ぬまで支給されるそうである。
しかも、財源不足で日本の年金制度は廃止が決まっているそうだ。これ、ひどすぎませんか。
最低でも企業の厚生年金くらい何とかならんのですか。要するに個人で国民年金にはいっておれということですが。夢破れますわ。
メジャーの年金原資がどうなっているか分からないが、日本でも考えればなんとかなるんじゃないですかね。
 【財源候補】
①    課徴金制度導入 メジャーで導入しているいわゆるぜいたく税。チーム全選手の総年俸が、一定額 (メジャーの場合1億ドルちょっと) を超えた場合に課せられる、罰金のようなもので、お金の力でどんどん有力選手をかき集める防止策になっているようである。
この、罰金を積み立てる。
②    新人選手の契約金上限違反の罰金;最高標準額が契約金などの上限ではないというような論理展開をかましてくれた巨人軍が話題を提供してくれたものである。罰金をつけるのでなくいっそ、新人選手の契約金 (最高標準額でもどっちでもよいが)、の最高額は撤廃してしまう。5億円でも10億円でもOK。そのかわり、1億円を超えた金額部分には 100% のぜいたく税を払っていただきましょう。
③    高年俸選手より所得調整拠出金;たとえば年俸1億円を超えた金額の5%、2億円越えで7%、3億円越えで10%のお金を年金として拠出してもらう。これは今の選手から適応すると絶対に反発がおおいので、新人選手が球団と契約するときに NPB (選手会?)との契約事項にいれてしまう。
 
他にももっと手段はあるとは思う。
弱肉強食の世界だからしょうがないなどどと言っていては、年金のことだけでも一流選手はメジャーに流出してしまうのである。
経済学を真面目に勉強した人。もうちょっといい案をお願いいたします。 
スポンサーサイト
2013-08-31 : プロ野球 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。