飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

カウントによるボールの待ち方(超素人的考察)

野球はストライクが 3つまで、ボールが 4つまでと決まっている。
これが野球というゲームを絶妙なものにしていることの一因であることは疑いのないことであろう。
また、野球やゴルフなどのように動かずに停止している時間が多くあ
カウントボードるスポーツほど、考える時間が多いため精神的な影響を受けやすいのも当然であると思われる。
さてそこで、カウントによるボールの待球の姿勢について考えてみた。
その前に、よくカウントによる打率の相違について論議させることも多いので、それについて私見を述べさせていただく。
大昔のように初球から打ってはいけないなどという意見はもはや少数意見であり、初球から好球必打が大多数になっていると思う。
これは 『初球打ちの打率やワンボール後の打率が高い』 ことなども理由になっているようである。
しかし、ことはそうそう単純ではないのである。
まず、初球に打つということは自分が打てそうなボール、ねらった球、あまい球などが来たから打つのであって、そもそも 2ストライク後などのストライクを見逃せない状況とは異なるのである。
要するに追い込まれる前に打つということは打ちやすい球しか振らないので、打率が高くなるのは必然なのである。そこも含めて初めから積極的に狙っていけというのはもっともなことではある。
逆に、初球やワンボール、ツーボール後のファーストストライクの打率が低いバッターは練習が必要である。
ただ単に数多く打つのではなく、自分が打てるコースの習得、得意なコースの習得が必要になる。
このような未熟者は狙い球でもないにもかかわらず、ついつい初球から打ってしまうことも多い。たとえばストレートを待っているにもかかわらず、おそいカーブがきたら突然打ちにいってひっかけてしまうように。
従って、狙い球以外は当然のように見逃す訓練も必要である。
さて、本題のカウントごとのボールの待ち方について一息で書いてしまう。
前置きとして知っておかなければならないのは、前述のとおり野球は精神面が大きなウェイトを占めるので、打者がすべてのカウントで同じ精神状態を保ち、かつ同じタイミングで同じ軌道のバットスウィングをするのは不可能であるということである。
全てのカウントごとに論ずるほど野球を極めていないので、打者と投手心理を推察していくつかに分類してみた。
 
まず、●●● (3ボール0ストライク、以下 ●=ボールス、○=ストライク、○ ● の順番は考慮せず) はプロ野球での4番バッターや超特殊状況以外では打つべきではないので除外)

① 自分の打てそうなコース、球種を最もせまく絞ってよいケース
    初球、●、 ●●、 ●●○、 ●●●○
② おおむね打てそうな球種、コースを打つケース
    ○、 ●○
③ ストライクはすべて打ちにいかなければならないが、投手もボールは投げたくない(投げられない)ので、あまい球がくることも予想されるケース
    ●●○○、●●●○○
④ ストライクはすべて打ちにかなくてはならず、しかも打ちやすい球のくる可能性が最も低いケース
    ○○、 ●○○
 
 いわゆる、①、②がバッティングカウント ③は微妙で、打者有利と考えるか、投手有利と考えるかは各々の選手のメンタルしだい。私個人としては打者有利としてバッターボックスに入ってほしいと願うのである。④は投手有利。したがって投手捕手は心理的に相当に余裕がある状態。
 
① のケースではバッターは得意な球を狙っていくことが重要で、このカウントで打つことで打率がアップする。
一般的なアマチュアの打者であれば、このケースのための練習がバッティング練習といってよいであろう。
つまり、バッティング練習とは  苦手なコース、球種をなくすのではなく、打てるコースや球種を高頻度でヒットに出来るようにすることと、狙い球を見逃さなくすること、狙っていないボールを急に打つような無節操なことをしない技術を磨くことなのである
プロ野球選手やプロ野球選手に近いようなアマチュア野球レベルでなけれれば、投手もそれほど厳しいコースばかりを投げるわけはなく、7色の変化球を投げるわけでもないので、打てるところを磨く。これが重要である。
レベルとともに狙える範囲は広げる必要はあるが、通常ではコースは真ん中付近から少し高め(少し外角よりとか少し内角より程度)、球種はストレート、カーブ、スライダー程度を選択枝にいれておけば十分であろう。

② はメンタルが強い選手では①と同じでよいが、追い込まれるといやだなあなどと考える打者では①より一段階選択する範囲を広げる必要がある。
たとえば、球種はストレートに絞るが低め以外の真ん中から外角全部など。
③ のケースは第三者がみれば ●●○○はやや打者有利、●●●○○は完全に打者有利であるが、バッターボックスに入っている当事者は追い込まれている感じを受けざるを得ないのも事実である。
このカウントについては、実は上記のような精神状態を打破するために、メンタルトレーニングも有効なのではないかと思う。また、相手ピッチャーの心理状態を推測することも有効かもしれない。
ボールの待ち方としては、あまい球が来る可能性も少なくないので、積極的に打ちに行く必要があるのだが、ボールには手を出さないことと、そのピッチャーがストライクを取りやすい球種でくることは念頭におくべきである。
余談ではあるが、野球のレベルが上がるにつれ、●●●○○からは、結構なボール球を空振り三振するのを見かける。
明らかにフルカウントは特殊なカウントなのであろうが、未熟な選手ほどフォアボールねらいで待球姿勢であるのに比べ、一流選手は甘い球が来る可能性が高いので、積極的に打とうとする精神状態のあらわれなのであろう。
⑤  これはもう誰がなんといってもピッチャー有利。
「ごめんなさい、お奉行様参りました」 の世界である。
通常のピッチャー、キャッチャーであればもはや普通のストライクでは勝負はしてこないのである。
ボールを振らせて三振を狙うのである。一般的にはお手上げでだが、失投もあるし、たまたまヤマがあたることもあるので、何かを考える必要はある。では、なにを考えるか。
まず重要なのは諦めないことである。そして相手の心理状態を予測すること。そのうえで確率の高そうな球種を予測してもよい。
確率だけを考慮するなら ○○ の場合は日本では7,8割以上はボールを投げてくるので、ど真ん中以外打たないと決めてかかってもよいかもしれない。へたに打とうと待っていると低めのボール球を振らされてしまうかもしれない。可能であれば、クリーンヒットは諦めて、バットも短く持ってバットコントロ-ルをしやすくして、とにかくストライクを当てにいってファールにして、明らかなボールは見送る。これを繰り返してなんとか、●●○○、●●●○○ にもちこみたいところである。
ところで、ストライクを当てにいくとしてもどのような心がまえで待球するか。
元社会人野球プレーヤー、元プロ野球選手に聞いてみたことがある。
ひとによって多少は異なるのであるが、やはり、複数の球種、コースを想定しておくとのことであった。
ホンマかいなと思ったのである。
彼らが言うには、ストレート7割、変化球3割、内角3割、外角7割のような待ち方だというのである。本当である。これがレベルが高いということなのかと思ったが、聞いていても具体的にどうするかは全く分からないのであった。
感覚的な問題なのであろう。
よく、ストレートで待っていて遅い球や変化球は打てるが、変化球を待っていてストレートは打てないとも言われている。
これも非常に疑わしい。これが本当であれば、議論する必要なくピッチャー有利の 2ストライクではストレート待ちしかありえないことになる。いずれプロレベルの選手の言っていること、やっていることは嘘か本当か分からないが、常人が理解するのは困難であるようだ。
それでは私はどうしていたかというと、追い込まれたら、外角のストレートに合わせていた。
これで外角のストレートがくればもちろん当てられるし、バットの振出しが遅く、体近くまで引きつけて待つので、変化球 (とくにカーブ )には十分対処可能であった。内角のストレートがくるとお手上げであり、その場合は降参していたのである。
そもそも高校野球くらいまでなら、圧倒的に内角より外角の方に投げてくる確率が高く、なかなかよい待球方法ではないかとうぬぼれていたのである。
以上が私なりのカウント毎の対策である。
どうだ、参ったか。

【まとめ】
  • バッターにとって重要なのは、自分が打てる可能性の高い球種、コースをバッティング練習で把握しておくこと→ いわゆるボールを絞れる打者になること
  • カウント毎に投手、捕手心理を推察してみること
  • 自分の性格を理解して、迷ったり、あわてたりしないカウントで打つように心がけること
  • 打者有利、投手有利カウントは自分の気持ちの持ち方で変えられると理解すること 
スポンサーサイト
2013-08-24 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。