飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

野球と感謝の気持ち

野球に限らず、スポーツ、さらには生きる上で感謝の気持を忘れてはならない、とよく言われている。
でもなんとなく 「それはそうだろう 」とは思うものの、何に感謝し、何のために感謝するか皆が理解しているのであろうか。
抽象的すぎて、子どもたちに伝えても意図するように伝わるとは思えない。
ここでは、こと野球で勝つための目的に限定した感謝の気持について持論を展開してしまうのである。
学童野球、高校野球でのトーナメントの試合をみていて、勝ち上がっていくことの困難さは誰もがわかることと思う。大学野球などのリーグ戦であればほぼ実力のある方が勝ち点をとっていく可能性が高いが、一発勝負のトーナメントとなると話は別である。
前評判が高くとも、10回対戦すれば9回は勝つであろうという対戦相手に対しても、確実に勝つことは容易なことではなく、ましてや優勝するためには圧倒的な実力差がなければなないのである。
他チームよりそこそこ強い程度では、たまたま相手ピッチャーに抑えられてしまったり、ポイントでエラーをしたり、フォアボールを出したりすると簡単に負けてしまうのは日常茶飯事である。
トーナメントではこの程度は番狂わせでなく想定内と言わざるを得ない。そのために、ミスを少なくするために徹底的に守備練習をしたり、精神面をきたえるためにメンタルトレーニングを行ったり、場合によっては、選手をおだてて消極的にならないようにしたりなど、いろいろなことを行うのである。
様々な要素はあるかと思うが、野球では精神面が非常に重要であることは誰しもが認めることであり、特にトーナメントを勝ち上がるためには欠くことができないのである。
自信をつけさせるために練習で実力をつけることも重要ではあるが、最後の最後でもうダメダとか諦めそうになったときに踏んばらせてくれるもの、それが感謝の気持 であると思う。
自分ひとりでやっていると思うと簡単にあきらめてしまうかもしれない状況でも、そこまでにくる過程、関係した人々などを思い出すことで、諦める気持ち、消極的な気持ちに打ち勝てるのだと思う。
たとえば、試合にでているのは9人でも試合に出られない仲間がいる。高校野球グレーJPEG 
ベンチに入れない仲間もいる。
彼らがいたか
らこそその日まで練習ができたのであり、バットやボール、グラブなどがあって初めて野球ができているのである。
自動的になんの援助もなしに自分ひとりでその場に立っていることはありえない。
両親が道具を買ってくれ、場合によっては送り迎えもしてくれる。監督、コーチが練習メニューを考えてくれたり、練習場を確保してくれたり、練習試合を組んでくれる。
それらはすべて当たり前のことではないのである。
周囲からみれば野球なんか遊びなので別にやってもらわなくても困らないのである。
逆に、いつやめても構わないものを続けるのであれば、気合をいれなければならないと思う。
その試合のその瞬間までいろいろなことの支えがあって野球をやらせてもらえていると考えれば、簡単にあきらめられないのである。ギリギリのゴロも飛びつかなければならないし、どんなボールでも打たなければならない。
この感謝の気持の対象として最も大きいのがベンチ入りもできずにスタンドから応援するチームメートの姿であると確信している
試合に出ているメンバーは彼らがグラウンド外で声援している状況で、弱音など吐けるわけがない。1塁まで全力で走らないなどもっての外である。
これが私の考える 「トーナメント必勝感謝の気持ち策」 である。
よく、気持ちで打たせたヒットとか、極限の緊張する状況で、エラーがでてもおかしくない場面でのファインプレーなどを眼にする。これらは偶然ではなく、感謝の気持が執念に結びついているのだと思う。
よく、応援が後押しすると言われる。
そういうことは確かにあると思う。
ただし、プロスポーツでの声援と学生野球での応援では質が異なると思う。プロ選手がお客さんに感謝の気持を持つのは、お金を払ってくれていることが大きく、それはプロとして当たり前だが、学生野球ではお金はもらっていないのである。
応援には力をもらうといいうような軽いものではなく、自分の限界を超えさせる要素が含まれているのである。
これまで、スタンドの応援の差で負けたという試合を何試合か経験した。
これは絶対に 応援の差=感謝の程度の相違=執念の差 と確信している。
以上 私の考える感謝は抽象的でなく、当人たちが逃れることのできない、当然の精神状況から生まれるものであるというのが結論である。
今日は相当によいことを書いていると自負しているのである。
どこかの学校で授業に副教材として使ってくれても文句はいわないのである 。

スポンサーサイト
2013-08-18 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。