飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ID 野球

「ID野球」はデータを重視するというImportant Dataの略号である。ID.png
これは野村元監督が言い始めたことであり、「革新的である」と評価した方々も多かった。確かに、野球に限らず、スポーツというものはわからないことが多く、不特定要素に左右されるため、そもそも科学的根拠が疎んじられてきたのは事実である。
そのためにあまりにも、経験的、感覚的な考えによって戦略や、対策が練られていた感が強い。
でも、その方が面白いでしょう。
どうしても言っておきたいのは、優勝が最善であるアマチュア野球と異なり、プロ野球は
人気=面白さ≠強さ なのである。
我々の世代はジャイアンツには勝てなかったものの、阪急ブレーブスの憎らしいほどの強さを知っているが、とてつもなく人気が無かったのも知っている。
ID 野球とは、投手の配球の傾向や、打者の得意、不得意なコースをデータより分析して実践に応用するものである。
でも、申し訳ないが、一般の科学的な仕事に従事している人々から言わせれば笑止千万なレベルと言わざるをえない。
もちろん勝利に近づき、個人の成績を上げるためにはある程度のデータは必須である。
入学試験を受けるのに過去問を解かない者は、間抜けであるのと同様である。
ところが、ID 野球はわざわざ 「ID」  と名付けるほどのレベルはないと推察される。
たとえば、このカウントではピッチャーはこのコースに投げる傾向が強いとデータにあったとする。でも、ちょっと考えてみればわかるが、プロ選手であってもキャッチャーの要求通りに投げられる投手は稀である。
テレビの番組で、9分割のストライクゾーンの的をボールで抜いていく、ストラックアウトなるものがあるが、プロの投手で、しかもストレートだけであっても、予想通りの的を射ぬける確率はまったくおはなしにならない程度である。
また、知り合いのプロ野球の元キャッチャーは、キャッチャーが 「要(かなめ)」 と言われているが、なんといってもピッチャーが一番だよと言っていた。なぜなら、構えたところなんかには来やしませんよと。
しかも最近のプロ野球のピッチャーは球種が非常に豊富である。もし、ID なんぞで高確率に予想できるのであれば、投手は乱数表で球種、コースを決めて投げたらどうだろう。だれも打てないのかな。みんな打っちゃうのかな。
少なくとも投手の性格、得意な球種、捕手の性格などから、ある状況下で投げてくる可能性の高い球種が存在しそれを知っておくのは必要であると思うが、それは 「ID」 などと命名する程度のこととは思えないのである。
例えばボール気味のインコースで打者をのけ反らせておいて、外角低めで勝負などという、一般的な攻め方にしても、のけ反らせるインコース、そのあとの外角低めのストレートともにキャッチャーの思うところに投げられる投手がどのくらいいるのであろうか。
解説を聞いていてもここは外角低めのスライダーでしょう、などとのんきなことを言っているが、その通りに誰が投げられるのですかと問いたいとこである。
ID 野球とは、予定するところに予定したようにボールが来ることを前提としているものがほとんどである。予想に反して全く違うところに来てしまう確率までも論理的に考慮した上での戦略であれば、もう少し納得できるのであるが、そこまで考慮するとデータ自体を利用する意味が薄れてしまうのである。
結局、インコース低めのストレートがもっとも効果的な場面で、真ん中に入る可能性も考慮すれば、コースなんかどうでもいいからフォークボールの方が安全となってしまうのである。
一歩ゆずっても、必ず要求したようなコースに投げられるのであれば、インコースギリギリと外角低めギリギリのストレートだけでもそうそう打たれはしないと思うのである。
失敗、不成功そのあたりを場面ごと、選手ごとに綿密に予想なんかできるもんか!!
というのが、現時点での私の野球観である。
そもそも、ID 野球を主張してきた野村元監督のID による打率上昇、防御率改善、勝率up などが検証できると思いますか。
“野球とは”  特にトッププレーヤーはそんなところに、焦点を当てては駄目である。これは最低限を知っておくのみでよいのである。
そこまでなんだかんだいうのであれば、少なくともプロ野球であれば、営業も考慮し、セイバーメトリクスのようにデータを使って、何が勝利のために必要か、戦術の費用対効果なども分析すべきである。
たしかに、セイバーメトリクスは野球における采配に統計学的根拠を与えようとして、それまでの経験的であった野球を変えるかに思えた。さらに、映画 『マネーボール
』 でもとりあげられて、広く知られるようになった。しかし、これについても、アメリカでも賛否両論があるようである。
野球というものは元来非常に人間くさいゲームであり、精神的要因がかなり大きな比重を占めるため、アメリカであっても万人がデータを認めているわけではないのである。
ましてや日本。野球は演歌なのである。
データなんぞで、選手のモチベーションが上がるのか。気持ちがデータに表せるのか。データで分かるなら人間のやる野球なんか見ないで 「パワプロクン」 をやっていればよいのである。パワプロ君なら相当勝てるかもしれない。
でも生身の人間のする野球はそんなに論理的に分かってないのである。
人間的な説明できない要因で左右されているのである。
長嶋選手はクソボールをホームランにしてしまうのである。凡フライを落とすこともある。だから面白いのである。面白くなければ野球ではないのである。
【結論】 ID 野球にこだわるのは嫌いである。つまらないからである。ホントらしく聞こえるが、ウソが多いからである。演歌ではないからである。
いろいろ計算されている AKB みたいな感じだからである。でも AKB はカワイイので許せるが、おじさんは本当はよくわからないのである。ビールはおいしいのである。でも2杯目からは発泡酒でもかまわないのである。そうはいってもノンアルコールビールでは許せないのである。
全部私の勝手である。
 

スポンサーサイト
2013-07-27 : プロ野球 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。