飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

三振をなぜ避けたがるのか

以前記載した「見逃し三振をするとなぜ怒られるのか」 は打者周囲の人間からみたタイトルであるの対して、今回は打者側からみた三振論議である。空振り
 
打者はなぜ三振を避けたがるのか。
けっこうな難題である。
三振=バットに当たらない=カッコ悪い
という単純な問題なのであろうか。
カッコ悪いという理由だけで、三振を避けるために苦手なコースを無理に当てにいったり、必要以上にバットを短く持ったりなど、本当は理にかなっていないと思うのである。
内野ゴロでも外野フライでも同じアウトである。
いいや、打球をそらしたり、落球したりする可能性のない確実なアウトであるからよくないと考える人もいるかもしれない。
でも、振り逃げだってあるかもしれないし、好球でもないのに早めにうちにいくと結局フォアボールの可能性も少なくなってしまう。
ここで三振を避けようとする意識が強くなることの欠点ついて考えてみたい。

◆三振を避けようとする意識が強くなることの欠点
なるべく早いカウントで打ちたいという意識が強くなる
これは好球必打とは似て非なるもので、狙い球でなくとも当てられそうであれば打ちにいってしまう
 ⇒ 真ん中周辺のストレートを待っていて、初球にカーブがきて、当てられそうなので打ちにいってしまうというようなこと。
☆早いカウント打つことで
相手投手の投球数も少なくなる
四死球の可能性が低くなる
ランナーがいる場合は盗塁できるチャンスが少なくなる。同様に、ヒットエンドラン、バントをするタイミングも少なくなる。
投球数が減ることでワイルドピッチ、ボークなどの確率も下がる
投球に一番影響を与える投手の心理面へのプレッシャーが減る(いろいろ考えなくてよいので)
☆当てに行って強いスウィングをしないことで
ヒットの可能性の低下、長打は望めない
エラーをさそうような打球も少なくなる
 
つぎに打席に入る基本姿勢をおさらいしてみよう。
 
◆打席にのぞむ基本姿勢
これは初球から好球必打の姿勢が全てである。
打撃とは3球あるストライクのうち最も打ちやすいボールを可能な限りミスショットせずに打ち返すことである。
ところが、この最も打ちやすいボールが何球目にくるのかは誰にも分からないのである。
そこで、自分にとって打てそうなボールを強打するのが基本であるが、その結果として一球も打てそうなボールがこない場合には三振か四球となるのである。
何球目に好球がくるのかはわからないので、作戦上で “待て” のサインが出ていない限り、初球に甘い球がくれば打ちに行くのが当然であり、野球の基本なのだ。
この基本姿勢で打席に入らない限り、そもそもまともな成績など望めないのである。
好球必打の姿勢はいつも同じであって、投手に失投がなかったり、打者が不振であったり、1,2球しかない好球を打ち損じてしまうと結果として三振になるのである。
従って、三振自体は単なる結果であって、はじめに三振を考えてどうにか対処するという意識こそ、消極的極まりないのである。
野球はただでさえ精神的な影響を受けやすい競技であるので、たかが三振を必要以上に警戒するのは “未熟者め” と言わざるをえないのである。
フォアボールはヒットと同じとよくいわれるが (実はフォアボールの方が守備側のダメージは大きい)、三振もただのワンアウトと同じなのである。
三振を避けるために当てるだけのバッティングをしてダブルプレーをくらうよりましなくらいである。
この三振だけ非常に忌み嫌うのはなぜであろうか。
WBC の試合なんかでは、北米、中米の選手は初球からガンガン強振してくるのをみると、この感覚はもしかしたら、日本固有のことなのかもしれない。
今度、キューバの野球選手にでも聞いてみようを思う。
でもキューバに知り合いはいないのである。
じゃあどのように確認するか。
深く詮索せずにすぐにビールに逃れてしまうのである。 

スポンサーサイト
2013-07-15 : 野球の疑問 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
839位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。