飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ボールを投げる -その1- 『肘をターゲットに向ける』

『割れ』に続くこれが絶対 第二弾。
投げることに対して一過言持っている野球好きは星の数ほどいるのは百も千も承知である。投げる
みんな正しいと信じて実行していたり、指導をしているものと思われる。
しかし、やっていること、教えていることが 『絶対』か? と問われれば途端に怪しくなるのである。

グラブ側の肘をターゲットに向けること。
 
これは投げることに対しての
絶対である・・・と信ずる。

投げる動作の場合、
足の運び ;前足の踏み出し位置―相手に真っ直ぐとか、ややクロス方向とかオープン方向とか
体重移動;お尻から始動し椅子に座るように移動するなど
腕の振り;肘を肩より下げない、肩、肘、手の順にしなるようになど
リリース等々
とにかく大変である。
一つを考えていると他をすべて忘れてしまうのである。
以前、息子の中学校野球部の練習に元プロ野球選手兼プロ野球指導者のS師 (もちろん飲み会等で親しくしていただいている関係)に、指導をお願いして来ていただいたことがある。
余談ではあるが、これまで元プロ野球選手、プロ野球選手、高校野球監督、大学野球監督、中学野球指導者、少年野球指導者、リトルリーグ指導者、野球指導塾等種々の方々の指導方法をみてきたが、いまだにこの S 師の指導が最高であると信奉しているのである。
つい先日も酒席に同席させていただき、ああでもない、こうでもないという素人野球理論に長々と付き合っていただいたのである。
この S 師の指導のなかで、1回だけのコーチであったので細かいことは教えられないこともあったのであろうが、投げることに関しては、肘をターゲットに向ける ことを強調していた。
目からうろこであった。
教えられている生徒は深く考えてはいなかったであろうが、私はいたく感動してしまったのである。
グラブ側の肘を投げる方向に真っ直ぐに向ける。
左右方向に関してだけでなく、肘が方向指示器であるので、遠くに投げたければ肘を高い方向に向け、短い距離であれば真正面に向けるというものであった。
また、素早く送球したいときはなるべく早く肘を相手方向に向けるのである。
これを実行するだけで、かなりのことが解決するのである。
開き過ぎとか、足の踏み出し位置をどうするかなどは、本人の体が動きやすいように自動的に決まってしまうのである。
また、内野間の送球などで素早さが要求される場面でも、グラブ側の肩を相手側にいれるとか、すばやく送球方向に足を踏み出すなどというよりも、可能な限り早く送球方向に肘を向けると教えた方が、ずっと素早い送球ができるのであった。
その後、プロ野球選手のキャッチボールを注視してみたが、かれらは、非常に近い距離にボールを投げる時も、体を開いたままで適当に投げることはせず、きちんと肘をターゲットに向けているのであった。
個人個人の筋力や関節の可動域など不確定要素が多いために、プロ野球選手でもいろいろな投げ方をしているのであり、あまり細かい矯正はかえって故障につながることにもなる。
しかし、投げるという複雑な動作のなかでこの
『肘をターゲットに向ける』 というのは
『例外のない法則はない』 という法則の例外である絶対であると信じて疑わないのである。 


スポンサーサイト
2013-04-28 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
839位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。