飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

1.2番打者の重要性

4番打者とはなんぞや? ということは既に記載した。
では、1番打者、2番打者とは?ランナー1 
について深く深~く考えたのである。
1番打者 足が速く、出塁率が高い。
2番打者 バント、チームバッティングがうまい。
こんな感じが日本の正しい野球オヤジの意見であろう。
しかし、最近2番打者最強打者説などもあって、ちょっと面白くなってきた感じはするのである。
一般的に1番打者や2番打者は3,4番の前になんとかスコリングポジションに出ている状態を作るということが重要であるのは反論の余地がないであろう。
しかし、しかし、出塁率は重要ではあるが、それと同様かそれ以上に重要な役割があるのである。
それは、脚の速さと果敢な走塁、それによる相手バッテリー、相手守備者へのプレッシャーをかける役割なのである。
そこで、ここでは一般的に理想とされる1,2番というよりも相手にとっていやな存在である1,2番はどのコンビかを考えてみた。
近年のプロ野球 (主にパリーグしかみていないが) で、相手にするといやだなぁといつも思っていたコンビは

2010年ころの西武ライオンズ 片岡易之 栗山巧
(2010年成績 以下 片岡/栗山 の順 打率 .295/.310  出塁率 .347/.400  盗塁  59/14  犠打  14/18)
2011年までのソフトバンク 川崎宗則 本多雄一 
 (2011年成績 以下 川崎/本多 の順 打率 .267/.305  出塁率 .310/.367  盗塁  31/60  犠打  9/53)
あたりであろう。

なにが、いやかというと2人とも出塁率が高く、またよく走るために2人のうち一人を塁に出してしまうと、もうランナー2塁を覚悟しなければならないというプレッシャーである。
ピッチャーは緊張し、ランナーに注意がそがれている状態で、さらにクイックモーションで投げなければならないので、その緊張感の中で勝負される3,4,5番打者はバッター有利この上ないのである。
残念ながら私の応援する球団にはこのような選手はいないので、ゲームをみていて彼らを出塁させただけで、「もう点をとられる」、「今日もダメだ」 と投げやりになってしまうほどなのである。
この1,2番の組み合わせで1試合に4,5回は対決しなくてはならないのである。
むしろ1番が出塁して2番がバントと決まったパターンの方が組しやすいのである。
つまり、1、2番は同レベルに出塁率が高く、盗塁を含め果敢な走塁のできる選手をそろえるのが理想と思うのであるが、なかなか2人もこのような選手をそろえられないので、2番はランナーを進めることに徹した選手をいれるのである。
これだと1番バッターが塁に出なかった場合には単に打力のない2番バッターとの勝負になるになるので相手へのプレッシャーはさほどでもないのである。
以上のことから、先日行われた WBC 日本代表で本多選手がなぜスタメンで出されなかったか疑問であり、中日ドラゴンズの大島 洋平選手、楽天イーグルスの聖澤 諒選手を2人とも代表から外してしまった意図が分からないのである。ただ打って勝つという戦法でトーナメントを勝ち上がるのは難しいことは判りきっているのである。
このような選手を1,2番に揃えておくことで、細かい野球の苦手なメジャーリーガーには大いなる脅威になったと思うのである。
間違いありません。
ところで、プロ野球史上最高の1,2番コンビは誰でしょう。
 
1980年ころの阪急ブレーブス 
福本 豊
(生涯盗塁成功率 78.1%) 簑田 浩二(生涯盗塁成功率 77.2% 
この2人が最高であると私は断言してしまうのである。

[1978年の成績]      
 福本 豊    打率 .325 出塁率 .399 盗塁 70 犠打 3
 簑田 浩二 打率 .307 出塁率 .374 盗塁 61 犠打 16
 
どうですか まいったでしょう。
ワッハッハ。
この時代、ピッチャーには山田久志までいて、どうしてジャインツに勝てなかったのでしょう。
と思っていたら、なんとジャイアンツの V9 は1965~1973年で 1978 年の日本シリーズで阪急ブレーブスはこのメンバーを擁しながらヤクルトスワローズに3勝4敗で敗れていたのであった。
これもビックリ。 

 

スポンサーサイト

2013-04-07 : 酒の肴にもってこいの野球話 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。