飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

バット

バットの話である。
でも、グラブの時とは様子が違うのである。
あんまりこだわりがないのである。
よくわからないのである。
トッププレーヤーが 1mm  レベルでグリップを調整したり、微妙なバランス、長さなどを調整してオーダーしているのを見ると、『ウン、ウン、プロはこうゆうものだ』 と納得するのである。
でも、自分でいざバットを選ぶとなると、何があっているかなんかよくわからないのである。
チームにあるバット中からなんとなくこれでいこうなんていって使っているか、試合でヒットが打てたからこれが合っているとか、新しいからこれを使おうとか なんてのがほとんどのアマチュア選手がバットを選ぶ基準であろう。
だいたいが、学生野球では通常はグラブと違ってバットはチームのものを使用するので、愛着の深さもグラブほどではないのである。
このあたりが、「バット論」 は早々と、スタートする前からあきらめた理由である。

そこで、である。

トレーニングバットがどのくらいあるのか、調べてみた。ノックバット以外でも、短いの、長いの、平らなもの、重いの、不思議な形のもの、金属の棒みたいなもの。各種バット2

5分くらい調べただけでもいっぱいあるのである。
ほんとに使いわけできるんかいな、と疑問に持つのである。
とっても役に立つのなら全部持っていないといけないのである。
全部ではないが、実は数本は持っているのである。
まったく困ったオヤジなのである。
どれか一本といわれれば、長いやつでいわゆる長尺バットというやつである。
とにかく、まともなスイングでなければ振れないのである。
振れないヒトは何かが間違っているとき気づかなければならないのである。
いろいろなメーカーから販売されているが、私のお勧めは、タマザワの 『小次郎』。
なぜかというとネーミングが良いからである。
2本も買ったのである。そして 110-120cm、750-110g くらいのものが各種販売されている豊富さ。
でもプロ選手などのトップアスリートでなければお勧めは一つ。
750g/ 120cm。
この種のものは長さが重要なのである。
それで、スウィングのチェックとスウィングスピードをつけけるのである。
重ければいいというものではないのである。
重いと常人では何回も振れないのである。
実はバットでなくてもいいのである。ホームセンターに行って、150cmか200cm くらいの竹を買ってくれば良いので竹ある。
せいぜい1本100円くらいなのである。
以前ちょこっと携わった中学校野球部に10本くらい寄付したのであった。
なかなか良いこともしているのである。
ただ、竹であると軽い分長さが必要になるので、振り回しているとしらないオッサンや意地悪なオバサンに 「アブナイじゃないか」 言われてしまうのである。
ユニフォムを着ていないと何をやっているか、疑問に持たれてしまうのである。
これに比べて 『小次郎』 は誰がみても、バットに見えるのである。
長いと言っても 120cm 程度である。
武蔵には負けたが小次郎なのである。
はっきり言って、今回は結論にたどりつけないのである。
タマザワの販売員でもないのである。
でもこれだけは言えるのである。
長尺バットを振った後に振る、通常のバットは 1200g 程度のマスコットバットを振ったあととは比べ物にならないくらいにスカット振れるのである。
よし、今回はこれでおしまい。 

スポンサーサイト
2013-03-31 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。