飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

トスバッティングの方法

 野球人であれば、バッティング関連の練習としては、素振りの次に数多く行うであろうトスバッティングの方法にトスバッティングいて調べた。
ここでいうトスバッティングとははペッパーではないのである。
(基本的には投手に打ち返す打撃練習がペッパーで、トスされたボールを打つのがトスバッティング)
真正面から投げられたボールを打つのが理想ではあるが、投げ手が危険なためほとんど外角よりの前方からトスされたボールを打つことが多い。
しかし、工夫していろいろなトスバッティングの方法があるのがいかにも日本らしいのである。
Baseball ではなくこれぞまさしく「野球」の練習方法なのであろう。
この一般的な外角前方からトスされたボールを打つ (ほとんどひっぱる練習) 以外には
 
  • 投げ手が防御ネットの陰や、穴をあけたネットから打ち手の正面に投げるもの
  • 打者の背面方向から投げるもの (ミートポイントまで引きつけて打つ練習、逆方向に打つ練習)
  • 頭上高い位置からミートポイントに落下させたボールを打つ (打つポイントのチェック?)
  • トスマシーンを使用して真下から上げられたボールを打つ
  • 真横 (打ち手の体の正面) から投げたボールを打つ (打つポイントのチェック?)
  • キャッチャー方向からトスされたボールを打つ (打つポイントのチェック? フォロースルーが大きくなる? ボールを引き付けないと打てないので変化球への対応力がアップ?)
  • 片手(左、右どちらか)で打つ
  • 座って打つ (上半身の動作確認?)
  • バドミントンのシャトルを使用するもの
  • カラーボールや発泡スチロールのボールなどの柔らかくて軽いボールを使用するもの
  • ソフトボール、ゴルフボール、バレーボールなどを使用するのも
  • ワンバウンドさせたボールを打つ (イレギュラーするので選球眼の練習にもなる?)
  • 逆グリップで打つ
  • 速く連続でボールを投げてもらって打つ (スウィングスピードアップ? 最短距離でバットを出す練習?)
  • スタンスをできるだけ広くして打つ (体重移動野確認?)
などなど・・・
 
どうでしょう。
日本人ってすごいですね。
たったトスバッティング一つでこんなに考えつくとは。
でも、どんな目的でやるのか理解しないで練習しないとダメでしょう。
ところがこれらの方法による効果としては、
例えば、真後ろから投げたボールを打つトスバッティングの目的からして、
①打つポイントのチェック
②自分のポイントでないと打てないのでよい練習になる
③フォロスルーが大きくなる
④ボールを引き付けないと打てないので変化球への対応力がアップ  
などと、人によってまちまちなのである。

この怪しい感じが野球なのである。
少なくとも、素振りよりは楽しく練習ができることと満足感があることなどは利点であると思うが、指導者が意図するような効果があるかははなはだ疑問でもあるのである。
でも、練習に取り入れるのであれば少なくとも全力でバットを振らないとい意味はないと思うのである。 

スポンサーサイト
2013-02-25 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。