飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

真後ろの外野フライの捕球方法


飛球
真後ろの外野フライの捕球方法についてである。
何が論点かというと 「追うときにボールから眼を離すか離さないかないか」 である。
飲んでいて激論になったことがあるのである。
私自身 なんちゃって外野手 ではあったが、後方の飛球は眼を切って追っていたのである。
ジャイロボールの項にも登場していただいた元甲子園球児の H 氏も 「当然眼を切る」 と言っていて、野球少年たちへの指導もそうしていた。
これは外野手として当然のことであると確信していたのである。これを練習することが外野と内野の最大の相違と思っていたのである。
ところが、とある公立高校の元高校野球監督は絶対に見ながら打球を追わせると言ってきかないのであった。
なぜなら、「みんなできないから」、「目視下に全力疾走が原則」 ということであったと記憶している。
真後ろの打球は見続けられないでしょうということに対しては、肩越しに見ながら走らせるというのであった。
ホンマかいなと思い、そんなことやってるから勝てないんだよなどと言って、ますます口論になってしまったのであった。もちろん飲み会であったのである。

確かに、少年野球の指導書などによると最短地点までボールを見ながら全速力で追って、なるべく早く落下点に入るなどという記載も目にする。
これは指導が面倒くさいからなのではないかと思ってしまう。
論理的に考えても、ボールから目を離して走った方が速く走れるのは疑う余地がないであろう。あとは落下地点を正確に予測できるかどうかである。

捕球までのプロセスはまず、打者が打った瞬間に一度打球をみて、瞬間的にある程度の落下点を予測して、ボールから眼を切った状態で全速力で予測地点に向かい、振り返ってボールを確認して実際の落下地点に動いて捕球するだけなのである。
打球音も参考になるので、おそらく熟練者ほどスタートが早く、ボールを直視する時間が短いものと思われる。
「外野手もどき」 である私は通常では目視で追っていたら到底捕球できない打球に対して、眼を切って追っているので、捕れなくて もともと というような感覚で追っていた。
それでもときどきは追いついて(追い越して?)捕球することができるので、気分爽快であった。
はたから見ていると、マグレに見えていたかもしれないのである。
ただ、一気に走って、振り向いた瞬間に、もうボールが頭上を通過しかけていたりして諦めることもあったが、いいじゃないですか。普通に追ったらではどうせ捕球できないのであるからと割り切っておりました。

練習方法はまずは、ボールから眼を切る練習が必要である。

優れたノッカーがいて、練習時間が十分とれるチームであれば後ろ向きに走り出してからノッカーにぎりぎり捕球できるところへのノックを繰り返してもらうのがよいのでではあるが、その位置に連続してちょうどよいノックを打つのは容易ではないのである。
しかも、数をこなして背走、振り向いてボールの確認、捕球の感覚を養わなくてはならない。
そこで、ノックでなくて手でボールを投げる方法がよいと思われる。
距離もノックより短くてすむので、走る時間も短く、短時間に複数人が連続して練習できる。
実際には塁間の半分か 2/3 くらいの位置に相手を立たせ、まずまっすぐ後ろに背走させ、それからその方向にボールを投げる。打球と異なり外野手は落下地点の予想はできないので、タイミングをみてボールを投げたヒトが 「振り向け」 と声をかけて、振り向かせる。そこでボールを確認して捕球する。
これを繰り返すことで、眼を切って、背走、振り向いて捕球という感覚が身につくのである。
これを中学校野球部で実際にやってらったとき、選手たちはこの新鮮な、経験したことのない感覚にびっくりしていたのであった。
この次の段階として、できればピッチングマシンを使用してノックのかわりにすれば安定した場所にボールを飛ばせるので、この場合はボールを見てから背走して周囲の選手の声掛けで振り向いてもよいかもしれない。
最終段階としてノックをしてもらえばよいのである。

未熟なチームほど後方の飛球を捕りに行くのを避けるために、外野ノックのときの守備位置は異常に深いのである。それでは外野手が一番練習必要な真後ろのノックを受ける頻度が減ってしまうのである。所詮前方の打球は簡単なので後方ほど練習はいらないのである。

この真後ろ打球捕球方法のポイントは 
  1. 背走時は一直線上に走る(真後ろ以外の打球は落下地点にやや後ろから回り込む感じがよいかも) 
  2. 背走は全力 
  3. はじめのうちは時間が長く感じられるが、思った以上に走る距離が短いので、ここだと思った地点より数メートル先まで走って振り向く
細かい点では右打者の飛球は右に左打者の飛球は左にきれていくことが多いので、完全に真後ろに背走するときは右打者では左回転、左打者では右回転で背走がよいともいわれているが、これは試してみてからでよいと思う。
とにかく反復練習で感覚をつかめばできると、ネット上でもずいぶん書きこまれているようである。

  • この捕球は外野手にとっての醍醐味である(と偉そうにいってしまうのである)。

これができると、草野球での内野守備などで後方への大きく上がってポテンヒットになりそうなフライを候補して拍手喝采なのである。
この練習すらしないチームはとるに足らないといってあなどってよいのである。
これで、大激論になったのである。
でもいつものように決して譲らなかったのである。
あんまり熱くなるなよと周囲からたしなめられたのである。
でも熱くならないような野球談議には興味がないのである
どうしょうもないオヤジと言わざるを得ない。

ボールを見ながらしか捕球できないプレーヤーが眼を切ることが可能になれば、はじめは異次元の感覚に気づくはずであり、守備範囲も飛躍的に広がるのである。
もしかしたら、練習してもどうしても感覚がつかまえられない選手もいるかもしれないが、外野手はぜひ一度は試してみていただきたいと思う次第である。 

スポンサーサイト
2013-02-09 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5620位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
725位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。