飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

左バッターは左ピッチャーが苦手?

野球は左バッターであると述べた。しかしながら、多くの左打者は左投手を苦手とする。と、少なくとも思われている。この根拠も絶対的な論理などないのであるが、この理由として最もらしく語られているのは、

①   左対左の場合、打者の背中方向から球が来るようになるため見極めが難しく、さらに恐怖感がある。
②   右対右も同様の関係にあるが、右ピッチャー、右バッターの方が多いため、小さいころから慣れていて、違和感が少ない。それと比較して 左対左は対戦機会が少なく、練習もあまりできない。
 
この二つが代表的な意見である。
これ以外にも左打者は振り切った方向と走りだす方向が一致しているので、開きやすく、インコースが打ちにくくなるためなども言われていたような気がする。
私は小さいころから行っているトスバッテティング(ペッパーではない)も原因の一つと思っている。
日本独特(アメリカでは行われないという)の素振りの次に、バットを振り込むのはトスバッテティングであると思う。
これは、(最近ではいろいろな方法があるが)打者のアウトコース側前方(左打者であれば右斜め前方)からボールをトスすることが一般的で、野球人は小さいころからこれをいやというほど、繰り返しているのである。
必然的に背面側からくるボール(左投手 vs 左打者)は違和感をおぼえるように刷り込まれてしまう(右打者は右投手を打つ機会が多いので、慣れる)。
今回、述べたいのはこの原因ではなく、
通常の左打者はやはり左投手を苦手と思っていることが多いのは間違いのないことであるので、
対策はないかということである。
本来は苦手意識さえ持たなければ、問題なく対処できるはずであり、一流のプロ野球選手であれば、左対左を苦手としていてはレギュラーにはなれない。
そもそも、日米ともレギュラークラスの選手であれば、左打ちでもほとんど左投手を苦にしないことが多いのである。
確かに、慣れの影響は大きく、練習方法で克服できる可能性はあり、是非日々精進してほしいのではあるが、付け焼刃的対策を考えた。
バッターボックスの立ち位置を変えるのである。
そんなの誰だって考える
と、思っているでしょう。
一般的には 『ホ-ムベース寄りにたって、外角に逃げる球をねらう』 とか、『オープンスタンスに構えて、インコースの恐怖感をなくして、踏み込んで打つ』 とかを思い浮かべるはずです。
まさか、インコースが怖いから、ホームベースから離れて構えて、アウトコースは捨てるなどと考える方はいないと思いますが。
ちょっと違うんだなぁ。
下図左にある、①が中心線、②が右投手の球筋、③が左投手の球筋であると思ってください。
右投げ左投げ jpeg左投手対策論  





















この角度 α が苦手意識の原因なのであるから、右図のように(赤点線のバッターボックスが本来のバッターボックス)
③を中心線として、

あたかもホームベース、バッターボックスがα度傾いていると思って構える のである。
(オープンスタンスのように投手側の足を後ろに引いて構えるのではなく、α度傾いていると仮定したバッターボックスに対して、スクエアスタンスのまま体全体もα度1塁方向に傾けるのである)


そうすると、やはり外角はやや届きにくくなるため、少しホームベースよりに構えるのである。
これで、背中側からボールがくる印象はなくなるはず。

自分では画期的な方法と思っているのであるが、
元プロ野球選手には (はっきりした欠点は指摘されなかったが) 一笑に付されて相手にされず、
左投手を苦手とする息子も試してもくれていないようである。
この、『付け焼刃左対策』はいいと思うんですけどね。
誰か試してみてくださいよ。 

上の図だって、分かりやすくするため頑張って自分で作ったんだから。

スポンサーサイト
2012-12-22 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop
« next  ホーム  prev »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
839位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。