飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ID 野球

「ID野球」はデータを重視するというImportant Dataの略号である。ID.png
これは野村元監督が言い始めたことであり、「革新的である」と評価した方々も多かった。確かに、野球に限らず、スポーツというものはわからないことが多く、不特定要素に左右されるため、そもそも科学的根拠が疎んじられてきたのは事実である。
そのためにあまりにも、経験的、感覚的な考えによって戦略や、対策が練られていた感が強い。
でも、その方が面白いでしょう。
どうしても言っておきたいのは、優勝が最善であるアマチュア野球と異なり、プロ野球は
人気=面白さ≠強さ なのである。
我々の世代はジャイアンツには勝てなかったものの、阪急ブレーブスの憎らしいほどの強さを知っているが、とてつもなく人気が無かったのも知っている。
ID 野球とは、投手の配球の傾向や、打者の得意、不得意なコースをデータより分析して実践に応用するものである。
でも、申し訳ないが、一般の科学的な仕事に従事している人々から言わせれば笑止千万なレベルと言わざるをえない。
もちろん勝利に近づき、個人の成績を上げるためにはある程度のデータは必須である。
入学試験を受けるのに過去問を解かない者は、間抜けであるのと同様である。
ところが、ID 野球はわざわざ 「ID」  と名付けるほどのレベルはないと推察される。
たとえば、このカウントではピッチャーはこのコースに投げる傾向が強いとデータにあったとする。でも、ちょっと考えてみればわかるが、プロ選手であってもキャッチャーの要求通りに投げられる投手は稀である。
テレビの番組で、9分割のストライクゾーンの的をボールで抜いていく、ストラックアウトなるものがあるが、プロの投手で、しかもストレートだけであっても、予想通りの的を射ぬける確率はまったくおはなしにならない程度である。
また、知り合いのプロ野球の元キャッチャーは、キャッチャーが 「要(かなめ)」 と言われているが、なんといってもピッチャーが一番だよと言っていた。なぜなら、構えたところなんかには来やしませんよと。
しかも最近のプロ野球のピッチャーは球種が非常に豊富である。もし、ID なんぞで高確率に予想できるのであれば、投手は乱数表で球種、コースを決めて投げたらどうだろう。だれも打てないのかな。みんな打っちゃうのかな。
少なくとも投手の性格、得意な球種、捕手の性格などから、ある状況下で投げてくる可能性の高い球種が存在しそれを知っておくのは必要であると思うが、それは 「ID」 などと命名する程度のこととは思えないのである。
例えばボール気味のインコースで打者をのけ反らせておいて、外角低めで勝負などという、一般的な攻め方にしても、のけ反らせるインコース、そのあとの外角低めのストレートともにキャッチャーの思うところに投げられる投手がどのくらいいるのであろうか。
解説を聞いていてもここは外角低めのスライダーでしょう、などとのんきなことを言っているが、その通りに誰が投げられるのですかと問いたいとこである。
ID 野球とは、予定するところに予定したようにボールが来ることを前提としているものがほとんどである。予想に反して全く違うところに来てしまう確率までも論理的に考慮した上での戦略であれば、もう少し納得できるのであるが、そこまで考慮するとデータ自体を利用する意味が薄れてしまうのである。
結局、インコース低めのストレートがもっとも効果的な場面で、真ん中に入る可能性も考慮すれば、コースなんかどうでもいいからフォークボールの方が安全となってしまうのである。
一歩ゆずっても、必ず要求したようなコースに投げられるのであれば、インコースギリギリと外角低めギリギリのストレートだけでもそうそう打たれはしないと思うのである。
失敗、不成功そのあたりを場面ごと、選手ごとに綿密に予想なんかできるもんか!!
というのが、現時点での私の野球観である。
そもそも、ID 野球を主張してきた野村元監督のID による打率上昇、防御率改善、勝率up などが検証できると思いますか。
“野球とは”  特にトッププレーヤーはそんなところに、焦点を当てては駄目である。これは最低限を知っておくのみでよいのである。
そこまでなんだかんだいうのであれば、少なくともプロ野球であれば、営業も考慮し、セイバーメトリクスのようにデータを使って、何が勝利のために必要か、戦術の費用対効果なども分析すべきである。
たしかに、セイバーメトリクスは野球における采配に統計学的根拠を与えようとして、それまでの経験的であった野球を変えるかに思えた。さらに、映画 『マネーボール
』 でもとりあげられて、広く知られるようになった。しかし、これについても、アメリカでも賛否両論があるようである。
野球というものは元来非常に人間くさいゲームであり、精神的要因がかなり大きな比重を占めるため、アメリカであっても万人がデータを認めているわけではないのである。
ましてや日本。野球は演歌なのである。
データなんぞで、選手のモチベーションが上がるのか。気持ちがデータに表せるのか。データで分かるなら人間のやる野球なんか見ないで 「パワプロクン」 をやっていればよいのである。パワプロ君なら相当勝てるかもしれない。
でも生身の人間のする野球はそんなに論理的に分かってないのである。
人間的な説明できない要因で左右されているのである。
長嶋選手はクソボールをホームランにしてしまうのである。凡フライを落とすこともある。だから面白いのである。面白くなければ野球ではないのである。
【結論】 ID 野球にこだわるのは嫌いである。つまらないからである。ホントらしく聞こえるが、ウソが多いからである。演歌ではないからである。
いろいろ計算されている AKB みたいな感じだからである。でも AKB はカワイイので許せるが、おじさんは本当はよくわからないのである。ビールはおいしいのである。でも2杯目からは発泡酒でもかまわないのである。そうはいってもノンアルコールビールでは許せないのである。
全部私の勝手である。
 

スポンサーサイト
2013-07-27 : プロ野球 : トラックバック : 0
Pagetop

三振をなぜ避けたがるのか

以前記載した「見逃し三振をするとなぜ怒られるのか」 は打者周囲の人間からみたタイトルであるの対して、今回は打者側からみた三振論議である。空振り
 
打者はなぜ三振を避けたがるのか。
けっこうな難題である。
三振=バットに当たらない=カッコ悪い
という単純な問題なのであろうか。
カッコ悪いという理由だけで、三振を避けるために苦手なコースを無理に当てにいったり、必要以上にバットを短く持ったりなど、本当は理にかなっていないと思うのである。
内野ゴロでも外野フライでも同じアウトである。
いいや、打球をそらしたり、落球したりする可能性のない確実なアウトであるからよくないと考える人もいるかもしれない。
でも、振り逃げだってあるかもしれないし、好球でもないのに早めにうちにいくと結局フォアボールの可能性も少なくなってしまう。
ここで三振を避けようとする意識が強くなることの欠点ついて考えてみたい。

◆三振を避けようとする意識が強くなることの欠点
なるべく早いカウントで打ちたいという意識が強くなる
これは好球必打とは似て非なるもので、狙い球でなくとも当てられそうであれば打ちにいってしまう
 ⇒ 真ん中周辺のストレートを待っていて、初球にカーブがきて、当てられそうなので打ちにいってしまうというようなこと。
☆早いカウント打つことで
相手投手の投球数も少なくなる
四死球の可能性が低くなる
ランナーがいる場合は盗塁できるチャンスが少なくなる。同様に、ヒットエンドラン、バントをするタイミングも少なくなる。
投球数が減ることでワイルドピッチ、ボークなどの確率も下がる
投球に一番影響を与える投手の心理面へのプレッシャーが減る(いろいろ考えなくてよいので)
☆当てに行って強いスウィングをしないことで
ヒットの可能性の低下、長打は望めない
エラーをさそうような打球も少なくなる
 
つぎに打席に入る基本姿勢をおさらいしてみよう。
 
◆打席にのぞむ基本姿勢
これは初球から好球必打の姿勢が全てである。
打撃とは3球あるストライクのうち最も打ちやすいボールを可能な限りミスショットせずに打ち返すことである。
ところが、この最も打ちやすいボールが何球目にくるのかは誰にも分からないのである。
そこで、自分にとって打てそうなボールを強打するのが基本であるが、その結果として一球も打てそうなボールがこない場合には三振か四球となるのである。
何球目に好球がくるのかはわからないので、作戦上で “待て” のサインが出ていない限り、初球に甘い球がくれば打ちに行くのが当然であり、野球の基本なのだ。
この基本姿勢で打席に入らない限り、そもそもまともな成績など望めないのである。
好球必打の姿勢はいつも同じであって、投手に失投がなかったり、打者が不振であったり、1,2球しかない好球を打ち損じてしまうと結果として三振になるのである。
従って、三振自体は単なる結果であって、はじめに三振を考えてどうにか対処するという意識こそ、消極的極まりないのである。
野球はただでさえ精神的な影響を受けやすい競技であるので、たかが三振を必要以上に警戒するのは “未熟者め” と言わざるをえないのである。
フォアボールはヒットと同じとよくいわれるが (実はフォアボールの方が守備側のダメージは大きい)、三振もただのワンアウトと同じなのである。
三振を避けるために当てるだけのバッティングをしてダブルプレーをくらうよりましなくらいである。
この三振だけ非常に忌み嫌うのはなぜであろうか。
WBC の試合なんかでは、北米、中米の選手は初球からガンガン強振してくるのをみると、この感覚はもしかしたら、日本固有のことなのかもしれない。
今度、キューバの野球選手にでも聞いてみようを思う。
でもキューバに知り合いはいないのである。
じゃあどのように確認するか。
深く詮索せずにすぐにビールに逃れてしまうのである。 

2013-07-15 : 野球の疑問 : トラックバック : 0
Pagetop

対戦相手のここを見る -その2-

さてそれでは実際に使用したマル秘用紙をここに惜しげもなく、無料で、(ちょとだけ)偉そうに披露するのである。
(下記参照)
 簡易スコアブック5

簡易スコアブック2-2
【元データとなる簡易スコアブックについて】
記入するのはこれだけであるが、ビデオを on off しながらの作業は結構ハード。
2人でやるとかなり楽にはなるが1人でもできなくはない作業量。
なによりも通常のスコアブックをつけるよりはずっと楽。
この簡易スコアブックのコンセプトは 
①    選手にスコアブック自体をみせても、何をみてよいのか分からないので、まじめに見ないことが多い。
②    相手の情報として知っておくべきデータを初めから絞ってしまう。
③    そもそも高校生程度(甲子園大会にでるようなチームでもなければ)では投手のコントロールの精度はかなり低い(キャッチャーの要求通りに投球がくる確率はかなり低い)
 
上記により作成した簡易スコアブックの説明
打者は氏名と左打ち、右打ちのみ記入(守備位置は不要)。
対象投手名。
コースは内角、外角、真ん中を記載。
そもそも要求通りにくることは少ないので、投手がモーションに入ってからのキャッチャーの構えた位置でコースを判定(キャッチャーの要求したコースを記載することが重要)。
高さは無視。これは投球が実際にはどこにくるのかは分からないが、ウエストボールでもない限りほとんどが低めを狙っているであろうから。
球種はストレート、スライダー、カーブ、チェンジアップのみ。
この4球種だけに絞っておいても、地方大会レベルでは何を投げたのか判定困難なことも多い。情報として最も重要なのはストレートか否かタイミングをはずす球か否かということである。
スコアブック例JPEG2

あとは空振りとファール程度の記載で十分。
例)         1球目外角ストレート ストライク
              2球目外角スライダー ボール
              3球目内角ストレート 空振り
              4球目外角カーブ   ファール
              5球目内角スライダー ボール
              6球目外角ストレート ショートゴロ
こんな感じである。
別にアウトカウントやファールの飛んだ位置なんかも不要
ただし、チームの戦法を推察するのに重要な、送りバント、ヒットエンドラン、スクイズ、個人情報としてはセーフティーバント、盗塁も記載。
 
まあ一試合(運が良くて2試合)での情報収集にあるので、ほとんど投手情報が主体となる。要するにその投手と対戦したときの対策というほどのものではなく、どのように対処しようかなというような心の準備的なデータなのである。
しかもこの元データは選手に手渡しても、解析に時間がかかるだけであり、高校生などではなかなかそこまでやらないので、まとめを作ることまで直後にやってしまう。
この最終的なまとめも、選手がみて役に立ちそうな最低限の情報にとどめる。
これも1時間もかからずに作成できる。
 
【まとめ 1 攻撃、守備編】
この少数データで打者の得意、不得意コースを判定するのは困難。
カーブは全く打てないとか、初球は打ってこないようだ程度のことをその他の欄に記入しておく。
盗塁、特に複数回の盗塁や3盗をした選手は次の試合でも盗塁する可能性が高いのでチェック。
高校生の場合は一度セーフティーバントを試みた選手(成功しなくとも)、は次回もやってくる可能性が高いので、内野手の準備のためにも絶対にチェック。これはおそらく、セーフティーバントを何十回、何百回と練習してきており、その成果をみせる大会は限られているからと思われる。
あとは、相手チームの戦法として、送りバント、エンドラン、スクイズなどを好むチーム(監督)かのチェック。
おおむねこんな程度。
次に 
【まとめ 2 投手編】
これもスコアをただ眺めているだけでは時間の無駄。
自分が打者であったらどの場面(カウント)でどの情報(速い球か、変化球か、抜いた球か)がほしいかの観点でまとめる。
まず、相手投手の初球の入り方と初球がストライクの場合、ボールの場合での2球目の球種、コース。
あとは投手が絶対にストライクがほしい場面(2ボール、3ボール、3ボール1ストライク)で何を選択するか(3ボール2ストライクは特殊であることと、おそらくデータ数が少ないであろうことから除外)、
打者が追い込まれたカウント(2ストライク、1ボール2ストライク、2ボール2ストライク)での投球。
これだけに絞って、左・右打者ごとにまとめる。
まとめたあとではっきりした傾向、特徴があるときにはコメントに記載。
(可能であれば主審もチェック。ストライクゾーンの傾向をチェックしておくと、万が一実際の試合でその主審にあたった場合には非常に有用)
これで、実際の試合に他の投手が投げたらごめんなさいである。
 
こんなものを作っていたのであった。
多分に自己満足的である。
しかし、何もないよりは良いであろうと信じて疑わないのである。
このデータ収集を10試合程度で行ってみた率直な意見。
高校野球は地方大会を勝ち抜くようなレベルであってもまあヘタクソである。(だから人気があることにもつながっている)
捕手の要求したコースには運がよくないと来ないような感じ。
ただし、球種は捕手の要求通りに投げているようであるが、スライダーなのかカーブなのかどころでなく、ストレートなのかカーブなのかすら判別困難な投球も少なくない。
どこかのチームのためにデータを集めることに限らず、ただの観戦であってもこんなようなことを考えながら試合をみるのも、高校野球の楽しみ方の一つであるとお勧めする。
たかが高校野球、されど高校野球。
おそるべし高校野球。
高校野球は奥が深いのである。 

2013-07-06 : 高校野球 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
839位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。