飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

データ ; 対戦相手のここを見る   -その1-

いわゆる ID 野球と言われるものは全面的に賛成とは言い難いが、対戦相手の最低限のデータは知っておくことは盗撮禁止必須である。
とくにトーナメントではリーグ戦と異なり、見も知らぬ相手と戦うことが少なくなく、全く前情報なしに戦うのは愚かなことである。
過去問を全くチェックせずに受験にのぞむようなものである。
最近では高校野球ではバックネット裏から近距離でのビデオ撮影を禁止していたり、TV 局にはあとあとから要請があっても試合のビデオを提供することが制限されているようである。これは、相手を研究できるチームとできないチームの不公平感を無くすためなのであろうか。
ということは、やはり研究すれば有利になるということなのであろう。
高校野球などでは試合を終えたあとなどで、弁当を食べながら次回対戦相手の試合を見学している光景をよく眼にする。
観戦している選手を観察していると結構おもしろい。次回対戦するんだということで、必死に凝視している選手はまず見たことがない。ほとんどピクニックみたいな感じである。そもそも対戦するであろう投手の球種やコントローが最もよくわかるバックネット裏からチームみんなで観戦しているのをほとんど見たことがない。
3塁側や1塁側の上の方から、雑談しながら見ていることがほとんどである。
情報はバックネット裏でみているスコアラー任せなのであろうか。
自分の眼で直にみられるのに実にもったいないのである。是非自分でバックネット裏から観察することを勧める。
さて、その選手たちがあてにしているスコアラー (ビデオ撮影していることも多いが )に関しても、疑問を持っているのである。
ただスコアをつけているだけではないのか、ただビデオをとっているだけではないのかと。
重要なのは、選手(自分)が何の情報がほしいかなのである。
それを高校生のマネージャーやスコアラーが分析して提供できているとは思えないのである。
一部の高校 (神奈川県某私立高校など) では優秀なマネージャー部隊が相手情報を綿密に集めて役立てているというのも事実であろう。
確認したわけではないが、強豪高校では監督や部長が必要な情報を有効な形にして伝えていることは十分予想される。
それでは、相手情報を細かく分析する時間、機材、人材がいない高校ではどうしたらよいか。
父兄を含むチーム後方支援勝手連の登場である。
ここで、私が長男の高校時代に勝手に選手たちに押し売りのように供給したツールを特別に披露してしまうのである。
なんといってもいつもいつも気前がいいとしかいいようがないのである。
まず予想される対戦相手を、自分で直接、バックネット裏から見なければならない。
自分でみないとチームの雰囲気や傾向がわかりにくいので。
多少遠方でもよいので、真後ろからピッチャー~バッター、キャッチャー、アンパイアーの入る画角でビデオ撮影。
これは後から自分で再生して見る必要はなく、投手のモーションや打者の雰囲気を選手に伝えるためのものである。
したがって、長々と全部記録する必要はない。
あまり長いと選手には見る時間がない。
 
【具体的なビデオ撮影の方法】
両チームともに打者一巡までは完全に記録。それ以後は上位打線のみ撮影。(1番、3番、4番打者中心)。
勝敗が決してきた場合は勝ちそうなチーム (次回の対戦相手になるチーム) の投手と中軸打者を適時撮影。
勝ちそうなチームのブルペンで投げている投手がいればそこもちょこっと撮っておいた方がよい。
高校野球では誰が先発するのかわからないので。
全体として1試合45分以内程度が望ましい。
実際の撮影のしかたはビデオを三脚にセットしてこまめにスイッチの on-off を繰り返す。
それをしながらデータを集めるので、はじめは忙しいが、なれれば一人でもOK。
次にデータの収集。
これは、熟慮してなるべく余分なものを省き、実践的なもの、さらにチームのレベルを考慮して、必要最低限なものを追求した。
考え方としては自分が打者や投手であったら、その場面で何を考え、どんな情報がほしいかを推察した。
プロ野球のように数人で綿密なスコアをつけることは不可能であるし、意味がない。
なぜなら、そのデータを解析するほどの n (解析対象データ数) を揃えられないことと、投手が未熟なため狙ったコースなどにボールがくることは地方大会レベルではほとんどないからである。
要するにヘタクソなので、あんまり細かいことを解析しても投げる方自体が思い通りにいくことがないのである。
必要そうなデータをざっくりと供給して、あとは確認にビデオを観てちょうだいねというのが意図である。
高校野球データJPEG3
上のものが実際に記入したデータである。
具体的な解説は次回につづく。 と
もったいぶってしまうのである。

続きを読む

スポンサーサイト
2013-06-29 : 高校野球 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
5240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
666位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。