飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ボールを投げる -その1- 『肘をターゲットに向ける』

『割れ』に続くこれが絶対 第二弾。
投げることに対して一過言持っている野球好きは星の数ほどいるのは百も千も承知である。投げる
みんな正しいと信じて実行していたり、指導をしているものと思われる。
しかし、やっていること、教えていることが 『絶対』か? と問われれば途端に怪しくなるのである。

グラブ側の肘をターゲットに向けること。
 
これは投げることに対しての
絶対である・・・と信ずる。

投げる動作の場合、
足の運び ;前足の踏み出し位置―相手に真っ直ぐとか、ややクロス方向とかオープン方向とか
体重移動;お尻から始動し椅子に座るように移動するなど
腕の振り;肘を肩より下げない、肩、肘、手の順にしなるようになど
リリース等々
とにかく大変である。
一つを考えていると他をすべて忘れてしまうのである。
以前、息子の中学校野球部の練習に元プロ野球選手兼プロ野球指導者のS師 (もちろん飲み会等で親しくしていただいている関係)に、指導をお願いして来ていただいたことがある。
余談ではあるが、これまで元プロ野球選手、プロ野球選手、高校野球監督、大学野球監督、中学野球指導者、少年野球指導者、リトルリーグ指導者、野球指導塾等種々の方々の指導方法をみてきたが、いまだにこの S 師の指導が最高であると信奉しているのである。
つい先日も酒席に同席させていただき、ああでもない、こうでもないという素人野球理論に長々と付き合っていただいたのである。
この S 師の指導のなかで、1回だけのコーチであったので細かいことは教えられないこともあったのであろうが、投げることに関しては、肘をターゲットに向ける ことを強調していた。
目からうろこであった。
教えられている生徒は深く考えてはいなかったであろうが、私はいたく感動してしまったのである。
グラブ側の肘を投げる方向に真っ直ぐに向ける。
左右方向に関してだけでなく、肘が方向指示器であるので、遠くに投げたければ肘を高い方向に向け、短い距離であれば真正面に向けるというものであった。
また、素早く送球したいときはなるべく早く肘を相手方向に向けるのである。
これを実行するだけで、かなりのことが解決するのである。
開き過ぎとか、足の踏み出し位置をどうするかなどは、本人の体が動きやすいように自動的に決まってしまうのである。
また、内野間の送球などで素早さが要求される場面でも、グラブ側の肩を相手側にいれるとか、すばやく送球方向に足を踏み出すなどというよりも、可能な限り早く送球方向に肘を向けると教えた方が、ずっと素早い送球ができるのであった。
その後、プロ野球選手のキャッチボールを注視してみたが、かれらは、非常に近い距離にボールを投げる時も、体を開いたままで適当に投げることはせず、きちんと肘をターゲットに向けているのであった。
個人個人の筋力や関節の可動域など不確定要素が多いために、プロ野球選手でもいろいろな投げ方をしているのであり、あまり細かい矯正はかえって故障につながることにもなる。
しかし、投げるという複雑な動作のなかでこの
『肘をターゲットに向ける』 というのは
『例外のない法則はない』 という法則の例外である絶対であると信じて疑わないのである。 


スポンサーサイト
2013-04-28 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop

学童野球における硬球の危険性

硬式ボールを使用したゲームのみが 『野球である』、『軟式野球と硬式野球は異なる競技である』、というのが私の持論である。
異なる競技であるため、野球を体験したいならリトルリーグに入ってなるべく早期から硬式ボールになれるべきである、とも思う。
アメリカのように。
では、危険性はどうか。
どうしてもこの点だけはリトルリーグが絶対にお勧めとは言えないのである。
といっても軟式では性質が異なりすぎている。
準硬式ボールでも学童に対する危険性は硬式とあまり変わりはなさそうである (準硬式野球は安全性というよりも、ボールのメンテナンスのしやすさのために使われるのが主目的と思われる)。
これまでの野球論からいって軟弱であるといわれそうではあるが、やはりリトルリーグの現在のルールでは硬式ボールは危険すぎるといわざるをえない。
まず、塁間がソフトボールと同じでピッチャー~ホーム間距離も男子ソフトボールと同一であるので、デッドボールや打球の危険性が高すぎるのである。
リトルではピッッチャー~ホームまで14.02m しかないのに最速120km くらいのストレートを投げている。
まあ大人でもデッドボールをよけるのは相当むずかしいのである。
また、塁間がソフトボールと同じなので、サードなどを守っていて痛烈な打球がくると危険きわまりないのである。
リトルリーグの練習中に何度かサードを守らせてもらったが、子供たちには打球は体で止めろなどと気軽にいっているが、自分で守っていればまあよけてしまうのである。危ないですもん。
リトルリーグはおおむね、4歳~12歳で構成され、誕生月にもよるものの、大多数は中学校1年生の夏まで試合にでられるのである。
中学校1年生となると大きい子では 180cm くらいあるのである。そんな子たちがソフトボールの広さのダイヤモンドで野球をしていると考えただけで危なくないですか。
そのため、ピッチャーライナーをよけきれずに顔面や頭部に受けてしまうことも珍しくないのです。私も大会中に2人ほど救急車で搬送される場面に遭遇したのである。
年齢制限を変えるか、塁間や投手―本塁間を延長するかの変更が必要ではないかと思うのである。
また、最近では素材が軟球と同じゴムででき、重さ・大きさは硬球と同様である、K ボールというボールを使用した大会も増えてきている。

Kボール1Kボール2

KB野球連盟 硬式サイト http://www.k-ball.jp/2010/03/kball.html より引用)

安全性を考慮して、学童のみ Kボールに変えてしまうという選択もあるかもしれない。
しかし、これに対しては Baseball の本場アメリカが受け入れる可能性が低いので、やはり年齢の引き下げか、塁間、投手-本塁間の延長で対処するか、飛ばないバット (材質、重さ、太さなどの規制で) の使用などで、対処するのが現実的でないであろうか。
いずれにせよ、重大事故が起こる前に対策が望まれると思うしだいである。 

続きを読む

2013-04-26 : 軟式野球 学童野球 : トラックバック : 0
Pagetop

野球の練習は修行

野球の練習は修行である。修行
少年野球時代から繰り返される練習。
経験者であれば誰しも一度は疑問に持つとは思うが、昔から現在まで基本的にはあんまり変わってないんじゃないかと思う次第である。
見たわけではないがUSA での練習はきっと全然違うのではないかと容易に推察されちゃうのである。
 
ランニング→柔軟体操(最近ではストレッチ)→ダッシュ→キャッチボール→ペッパー→その日によっていろいろ;投げ込み、フリーバッティング、シートバッティング、ノック、レギュラーバッティング、(グラウンドの隅かバックネット裏の方でトスバッティング)→ベースランニング、素振り→整理体操(最近ではクールダウンなどと言っている)
 
指導者はいろいろ屁理屈をいうが、ほとんどはみんなこなすだけ。
意味もわからずに惰性でやってることが多いのである。
まあつまらないのである。
昔から野球部の練習は他のどの部活よりもつらいというのが通説である。それで野球部員はみんな長距離走なんは速くなって、陸上部に助っ人を頼まれたりしているのである。
これは野球に勝つためというより修行だからである。
効率は追及してはならないのである。
なんといっても野球は足腰重視なのである。
でも、試合中いつも動いているのは、ピッチャーとキャッチャーだけなのである。
多くの選手は打っても1塁までも全力疾走しないのである。
試合でも全力疾走しないのにどうして練習であんなに走っているのか分からないのである。
野球というゲームで勝つためには (特にトーナメントでは) 戦略、細かいチームプレーが非常に重要になる。
ただ単なる打つ練習、投げる練習、基礎体力づくりなどだけでは、勝てないのである。
トーナメントを勝ち上がるには、いろいろな場面での中継プレー、走塁、サインプレーなどを高次元で高確率で成立させなければならないのである。
そのためには、いろいろなことを繰り返して体に覚えこませる必要があり時間はものすごくかかるのである。

話はそれるが、私はラグビーもちょっと好きである (詳しいわけではないが)。
ラグビーと野球を比較すると分かり易い。
高校ラグビーなどをみていて強豪校などはもちろん練習は厳しいとは思うが、ラグビー経験はそれほど長期間でなくともレギュラーになれたり、トッププレイヤーになっているケースが少なくない。
これは野球では考えられない。
これはむしろ身体能力が重要であるラグビーと戦術や経験が重要な要素である野球の相違なのである。
どちらがスポーツかといわれればラグビーなのである。

野球はゲームなのである。

と考えると、高校野球などでは特に練習時間を長時間とれる強豪校がどうしても有利なのである。
しかも特待制度などで経験豊富な選手もいっぱいいるので、強豪校に勝つのは大変なのである。
だから、とりえのない普通のチームが勝ち上がっていくためには、相当効率よい練習が必要なのである。
最近では、1日の練習時間が2時間とか3時間であるにもかかわらず、毎年一定の成績を上げるチームが存在する。
たとえば、マシンを使った練習の日はストレッチだけしたら、ずっとバッティングでもよいのではないか。
そんな日はランニングやキャッチボールは省略しましょう。
生きた球をとる練習と称して、フリーバッティングの最中、多くの選手が長時間守備についているのであるが、たいくつ極まりないのである。
集中力を維持できるわけはないのである。
はやく自分の打つ番が来ないかと、それだけを考えてしまうのである。
他に有意義なことをしましょうよ。
翌日の練習は前の日までに分単位で決めておいて、効率よくこなす。
しかも年間でやるべきことを決めておく。雨の日は有効に戦略ミーティングなどに使う。
できれば監督だけでなく、選手も納得する形、というか選手主導でメニューを作った方がやる気がでるのではないか。
とにかく、自給1万円の仕事をしているかのうように、時間を有効に使い、古き良き練習と離別する。
これが勝つためには必要と主張するのである。

余談ではあるが、トップレベルの選手が喫煙という体に不利な状況を作りながら競技をしていられるのはスポーツとは呼ばなくてもよいのである。
ラグビーやサッカー、陸上競技などのアスリートが愛煙家であるという話はあまり聞かない。
一方、プロ野球選手はファンの前でも喫煙姿をよく見かけるほど、多くの愛煙家がいるようである。
要するに、野球は過酷な運動でも、自分を追い込まなければならないほどの身体活動ではないのである。
カッコ悪いので、ファンや少年たちの前では喫煙しないでほしいのである。
過酷でないことをトップアスリートが示しているにもかかわらず、野球の練習は過酷なのである。
不思議なのである。 

2013-04-13 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop

1.2番打者の重要性

4番打者とはなんぞや? ということは既に記載した。
では、1番打者、2番打者とは?ランナー1 
について深く深~く考えたのである。
1番打者 足が速く、出塁率が高い。
2番打者 バント、チームバッティングがうまい。
こんな感じが日本の正しい野球オヤジの意見であろう。
しかし、最近2番打者最強打者説などもあって、ちょっと面白くなってきた感じはするのである。
一般的に1番打者や2番打者は3,4番の前になんとかスコリングポジションに出ている状態を作るということが重要であるのは反論の余地がないであろう。
しかし、しかし、出塁率は重要ではあるが、それと同様かそれ以上に重要な役割があるのである。
それは、脚の速さと果敢な走塁、それによる相手バッテリー、相手守備者へのプレッシャーをかける役割なのである。
そこで、ここでは一般的に理想とされる1,2番というよりも相手にとっていやな存在である1,2番はどのコンビかを考えてみた。
近年のプロ野球 (主にパリーグしかみていないが) で、相手にするといやだなぁといつも思っていたコンビは

2010年ころの西武ライオンズ 片岡易之 栗山巧
(2010年成績 以下 片岡/栗山 の順 打率 .295/.310  出塁率 .347/.400  盗塁  59/14  犠打  14/18)
2011年までのソフトバンク 川崎宗則 本多雄一 
 (2011年成績 以下 川崎/本多 の順 打率 .267/.305  出塁率 .310/.367  盗塁  31/60  犠打  9/53)
あたりであろう。

なにが、いやかというと2人とも出塁率が高く、またよく走るために2人のうち一人を塁に出してしまうと、もうランナー2塁を覚悟しなければならないというプレッシャーである。
ピッチャーは緊張し、ランナーに注意がそがれている状態で、さらにクイックモーションで投げなければならないので、その緊張感の中で勝負される3,4,5番打者はバッター有利この上ないのである。
残念ながら私の応援する球団にはこのような選手はいないので、ゲームをみていて彼らを出塁させただけで、「もう点をとられる」、「今日もダメだ」 と投げやりになってしまうほどなのである。
この1,2番の組み合わせで1試合に4,5回は対決しなくてはならないのである。
むしろ1番が出塁して2番がバントと決まったパターンの方が組しやすいのである。
つまり、1、2番は同レベルに出塁率が高く、盗塁を含め果敢な走塁のできる選手をそろえるのが理想と思うのであるが、なかなか2人もこのような選手をそろえられないので、2番はランナーを進めることに徹した選手をいれるのである。
これだと1番バッターが塁に出なかった場合には単に打力のない2番バッターとの勝負になるになるので相手へのプレッシャーはさほどでもないのである。
以上のことから、先日行われた WBC 日本代表で本多選手がなぜスタメンで出されなかったか疑問であり、中日ドラゴンズの大島 洋平選手、楽天イーグルスの聖澤 諒選手を2人とも代表から外してしまった意図が分からないのである。ただ打って勝つという戦法でトーナメントを勝ち上がるのは難しいことは判りきっているのである。
このような選手を1,2番に揃えておくことで、細かい野球の苦手なメジャーリーガーには大いなる脅威になったと思うのである。
間違いありません。
ところで、プロ野球史上最高の1,2番コンビは誰でしょう。
 
1980年ころの阪急ブレーブス 
福本 豊
(生涯盗塁成功率 78.1%) 簑田 浩二(生涯盗塁成功率 77.2% 
この2人が最高であると私は断言してしまうのである。

[1978年の成績]      
 福本 豊    打率 .325 出塁率 .399 盗塁 70 犠打 3
 簑田 浩二 打率 .307 出塁率 .374 盗塁 61 犠打 16
 
どうですか まいったでしょう。
ワッハッハ。
この時代、ピッチャーには山田久志までいて、どうしてジャインツに勝てなかったのでしょう。
と思っていたら、なんとジャイアンツの V9 は1965~1973年で 1978 年の日本シリーズで阪急ブレーブスはこのメンバーを擁しながらヤクルトスワローズに3勝4敗で敗れていたのであった。
これもビックリ。 

続きを読む

2013-04-07 : 酒の肴にもってこいの野球話 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
6201位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
839位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。