飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

学童野球における硬球の危険性

硬式ボールを使用したゲームのみが 『野球である』、『軟式野球と硬式野球は異なる競技である』、というのが私の持論である。
異なる競技であるため、野球を体験したいならリトルリーグに入ってなるべく早期から硬式ボールになれるべきである、とも思う。
アメリカのように。
では、危険性はどうか。
どうしてもこの点だけはリトルリーグが絶対にお勧めとは言えないのである。
といっても軟式では性質が異なりすぎている。
準硬式ボールでも学童に対する危険性は硬式とあまり変わりはなさそうである (準硬式野球は安全性というよりも、ボールのメンテナンスのしやすさのために使われるのが主目的と思われる)。
これまでの野球論からいって軟弱であるといわれそうではあるが、やはりリトルリーグの現在のルールでは硬式ボールは危険すぎるといわざるをえない。
まず、塁間がソフトボールと同じでピッチャー~ホーム間距離も男子ソフトボールと同一であるので、デッドボールや打球の危険性が高すぎるのである。
リトルではピッッチャー~ホームまで14.02m しかないのに最速120km くらいのストレートを投げている。
まあ大人でもデッドボールをよけるのは相当むずかしいのである。
また、塁間がソフトボールと同じなので、サードなどを守っていて痛烈な打球がくると危険きわまりないのである。
リトルリーグの練習中に何度かサードを守らせてもらったが、子供たちには打球は体で止めろなどと気軽にいっているが、自分で守っていればまあよけてしまうのである。危ないですもん。
リトルリーグはおおむね、4歳~12歳で構成され、誕生月にもよるものの、大多数は中学校1年生の夏まで試合にでられるのである。
中学校1年生となると大きい子では 180cm くらいあるのである。そんな子たちがソフトボールの広さのダイヤモンドで野球をしていると考えただけで危なくないですか。
そのため、ピッチャーライナーをよけきれずに顔面や頭部に受けてしまうことも珍しくないのです。私も大会中に2人ほど救急車で搬送される場面に遭遇したのである。
年齢制限を変えるか、塁間や投手―本塁間を延長するかの変更が必要ではないかと思うのである。
また、最近では素材が軟球と同じゴムででき、重さ・大きさは硬球と同様である、K ボールというボールを使用した大会も増えてきている。

Kボール1Kボール2

KB野球連盟 硬式サイト http://www.k-ball.jp/2010/03/kball.html より引用)

安全性を考慮して、学童のみ Kボールに変えてしまうという選択もあるかもしれない。
しかし、これに対しては Baseball の本場アメリカが受け入れる可能性が低いので、やはり年齢の引き下げか、塁間、投手-本塁間の延長で対処するか、飛ばないバット (材質、重さ、太さなどの規制で) の使用などで、対処するのが現実的でないであろうか。
いずれにせよ、重大事故が起こる前に対策が望まれると思うしだいである。 

続きを読む

スポンサーサイト
2013-04-26 : 軟式野球 学童野球 : トラックバック : 0
Pagetop

リトルリーグと少年野球

リトルリーグについては書かねばならない。
なぜなら思い入れが強いからである。
一般の野球ファンであれば名称は知っているであろうが、実情はあまり知られていない (のではないかと思っている)。
ここではリトルリーグについて詳しく書くつもりはない。でも、書きたいので書いてしまうのである。
少年野球
少年野球との相違はまずはボールの違い。
リトルリーグは硬式ボールを使う。
これは、リトルリーグが Baseball であるから当然である。
アメリカではBaseball のボールは一種類しか存在しない。
つまり硬式野球ボールは一種類しかないのである (
硬式野球ボール;コルク、ゴムまたはこれに類する材料の小さい芯に糸を巻き付け、白色の馬皮か牛革で縫い合わせて作る。重量 5オンス~5オンス1/4 (141.7-148.8g)、周囲は9インチ~9インチ1/4 (22.9-23.5cm)と公認野球規則により定められている)。
リトルリーグからメジャーリーグまで同一規格のボールを使用しているのである。いさぎよいのである。
これは意外にしられておらず、息子とリトルリーグの見学に行ったとき質問したリトルリーグの指導者(複数)は、「大人の硬式ボールより一回り小さい」とか、「何 g か軽い」とか説明してくれた。これらは大嘘であったが、1,2年間はそう信じていたのを思い出す。
塁間が短いとか 1試合 (というより同日の試合でも)で1人の投手が投げられる投球数が規定されていて、それ以上投げられないとか、離塁が制限あれるなどの特別なルールがある。
ルールがどうしてこうなったかは分からないが、おそらく、 Baseball という、打って走って点を取っていくという元来の楽しさを、子供に教えるために作られたためであろう。
「野球をしよう」 と声をかけると、子供たちは日本ではグラブを持って外に出るが、アメリカではバットを持って外に出る。日本では一番上手い子はピッチャーをアメリカではショートをやること多いそうだ。
この感覚の違いが Baseball と野球の違いであるということ。
だから、リトルリーグはのびのびと楽しくやらねばならない、のであるが、現実は違う。
日本のチームはリトルリーグワールドシリーズでいつもよい成績をあげる。これは楽しむだけでは実現できないのである。ルールギリギリを利用して戦略もたてる。場合によってはスパイクの色が違うなどと抗議をして、相手チームにダメージを与える。WBC などの大人の大会であれば勝つためにはルール内で、何をしてもよいかもしれないが、楽しくやるために作られた、リトルリーグのルールには細かい盲点が多々あるので、それを利用するのはどうかと思うのである。
少年野球とリトルリーグというタイトルから離れてしまったが、この最大の相違はボールの違いによるものかもしれないが、子供たちよりも親の姿勢が格段に違うのである。
ここでも、誤解している野球通もいると思うが、リトルリーグには年齢事項さえ満たせば誰でも登録できるのである。選抜とか入団試験とかスカウトなどは原則的にはないのである。だから少年野球と同様な児童が集まっていいはずであるが、ぜんぜん違うのである。
なぜなら、保護者の性質が違うからと断言させていただく

硬球はあぶないから気合が入ってない親は入団させない。
硬式野球のみが野球であると思って
いるような私のような親がいる。
将来は甲子園出場、プロ野球選手を現実のものとして考えている親が少年野球より圧倒的に多い。
実際に硬式野球経験者であったり、甲子園に出場している父親もめずらしくない。
そのようなバックグラウンドであるから、気合の入り方が違う。
うちの息子のチームの親には甲子園経験者が7.8人いたと思う。
そのため勘違いして、子供たちは普通に野球をやっていれば甲子園には出場できると思っているふしがある。
夢を追うことは非常に良いことで、否定はしてはならないが、尋常な世界ではない(でも、楽しかった)。
「眼が悪くなると野球ができなくなるから勉強はするな」と言っているお父さんもいた。そこのお宅は礼儀には厳しかったので、その息子さんは実に気持ちの良いあいさつをいつもしてくれていた。
硬球もあぶないが、保護者もかなりアブナイのである。私もその一人と思われていたのに相違ないのである。
野球そのものについては、硬球であるため、子供たちから一時も目が離せない(ボールに背を向けたりすると危険)ので、指導者の数が比較的多い。
適当に教えることは危険を伴うので、私の知る限りでは少年野球よりは、野球にくわしい指導者が多く、したがって、初めて野球というものを習うにはリトルリーグを勧める (リトルが近くにないときは少年野球チームしか選択できないが)。
ちなみに人数は少ないものの息子の所属したチーム(全国大会にはついに出場できなかったが)の世代の同級生(7名)の高校までの進路先は
 ① リトルシニア→ 高校野球強豪校で甲子園出場(ベンチ)
 ② リトルシニア→ 高校野球強豪校で県大会決勝
 ③ リトルシニア→ 高校野球強豪校
 ④ リトルシニア→ 高校野球強豪校で甲子園出場
 ⑤ 中学校陸上長距離→ 県立進学校陸上部
 ⑥ リトルシニア→ 高校野球強豪校
 ⑦ 中学校野球部→ 私立進学校野球部
というような感じである。
うまいかどうかは別にして野球を継続している率が高いと思うのである。
入団に垣根はないものの、リトルリーグは上記のようなボールの危険性、親も含めた気合の入り方などから、最近では選手不足に苦労するリーグもめずらしくないのである。
甲子園やプロ野球選手をめざすだけが野球ではないが、野球の本質を経験できる(と思うので)是非もっとみんな学童の硬式野球に関心を持ってほしいのである。
(偶然ながら本日この尋常でない方々 と久しぶりに飲みに行くこととなったのである。楽しみ、楽しみ。)
参考文献  公認野球規則 ベースボールマガジン社 
2013-01-05 : 軟式野球 学童野球 : トラックバック : 0
Pagetop

軟式野球

正統派野球オヤジは軟式野球については飲みながら語り明かさないのである。
何故なら、野球ではないからなのである。
軟式ボール
"Baseball " これは、まさに硬式野球を意味する。むしろ、軟式だの準硬式だのを日本ではじめてしまったので、もともとの野球にわざわざ 硬式 とつけなくてはならなくなったのである。誤解していただいてはいけないのは軟式野球を否定しているのでも、卑下しているのでも決してないということである。まったく別の競技であると言っているのである。
Baseball ⇒ 野球(Baseball≠野球)であって、いわゆる軟式野球は直訳では soft ball baseball?  むしろrubber ball baseballというようになるのであろうが、ソフトボールには baseball とついていないので、rubber ball game がいいのではないか。つまり、硬式と軟式の相違はとてつもなく大きいのであるといいたい。
ボールが飛ばない、打球が遅い、へんなはずみ方をする等々。ゲームにおいてもっとも大事なボールが違うため、戦法、練習も異なってくるのである。
とくにボールによる影響のためレベルが上がれば点数が入りにくくなり、僅少差の試合ばかりふえてしまう。点数が入らず、ボールも飛ばないので見ていてもおもしろくないので観客が少ない。かくいう私も "草 rubber ball game" はときどき参加している。気軽にできる反面、ヘタクソが多すぎて内野ゴロ(特にサード、ショート)なんかは、時々にしかアウトにならない。一方、トップレベルでは点数が入らない。
要するに、ヘボであるとゲームにならないし、上達すると low score game になる。気軽さと引き換えに面白さがない所以である。
硬式ボール
そこで、正統派からややはずれた野球オヤジである私が、rubber ball game はどうしたら面白くなるかを考えてみた(もちろん酔っぱらってである)。
そこに画期的な答えを見出したのである(それほど偉そうなもんでもないが)。
硬式野球と rubber ball game のベース間、投手~本塁間距離は全く同じなのである。
ボールが違うのにこれはおかしいでしょ。
だからベース間距離を短くするのである。
どのくらいがよいかは、実際に試行錯誤で決める必要がるが、おそらくソフトボールと野球の中間くらいでよいのではないだろうか。距離を縮めることで、おじさんサードでも1塁への暴投が少なくなる。走るのがやっとの年1、2回プレーヤーでもヨレヨレ感が少なく、足のけが(みなさんご存知のように実に多いでしょう)が減る。また、トッププレーヤーのゲームでは当然外野のヒットゾーンが広くなって、点数が入りやすくなる(打てなくなるとつまらないので、投手~本塁間距離は変更なくてよいかもしれない)。いいことづくめではないかい。

ベース間距離を短縮することに抵抗のあるあなた。
ちょっと考えてみて。硬式野球のベース間がどうやって決まったかを。

ピッチャー~ホームベース間 60フィート6インチ (18.44メートル)、塁間 90フィート (27.431メートル) とな
っているが、みなさんこれを絶妙の距離であると思っているはずである。この距離はゲームをする中で、少しずつ変えていって、一番ゲームが面白くなる距離にしたと TV で放映されていたような気がする。それが本当かどうかは別として、硬式ボールを使う上では絶妙な距離なのある。
したがって、ボールが変わってしまえばむしろそのボールによる絶妙な距離というものを新たに決めなければならないのである。
当初は野球の普及を考えて、ボールだけを軟式にして作ったのでしょうが、どだい無理があったのである。
ソフトボールの
距離は思い切りがいいでしょ。
話題はそれるが、日本における軟式野球の距離の設定同様に、実はアメリカでも結構いい加減なのである。知っている人はあまりいないでしょうが、アメリカに本部のある学童野球 (リトルリーグ)は硬式ボールを使用するにもかかわらず、ベース間、ピッチャー~ホームベース間とも男子ソフトボール競技と全く同一なのである。硬球とソフトボールですよ。
こちらもどちらか、もしくは両方に無理があると思うが、リトルリーグには思い入れが強いので別の機会に論じさせていただきたい。

さて、軟式野球の最大の利点は手軽でお金もかからないことである。
少年野球をはじめ、野球競技人口の維持には最大の貢献をしているのは間違いなく、軟式がなければ日本の野球はここまで普及しなかったのは疑いのない事実である。それを考えれば普及のために軟式野球というネーミングはよく考えられていた。

でも、でも野球オヤジとしては野球とは認められない。

野球は危険でお金がかかって、気軽にできなくてよいのである。気合をいれてやらねばならない。そこに意義がある。軟式は演歌に通じない。

ちなみに、準硬式ボールや K ボールなどというものもある。
私は準硬式野球をずいぶん長くやっていた。
軟式野球も結構やった。ソフトボールでは一般男子で県大会にも出場した。
でも正統派ではないにせよ野球オヤジを自負している。

そして、だれよりも偉そうに硬式野球について語ってしまうのである。

参考文献   2012年公認野球規則 ベースボールマガジン社

 
2012-12-13 : 軟式野球 学童野球 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。