飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

ゴロの捕球姿勢

『これは絶対』 の一項目にしようと思ったものの、私自身が外野手であったためそこまでの自信はなく 『これはほぼ絶対』 にとどめることとしたゴロ捕球方法。
ゴロの取り方には一家言持っている方が多く、何が本当かよくわからなくなってしまうほどである。
足幅、グラブと足の位置、腰の高さ、目線、捕球姿勢、捕球位置、グラブの出し方等々。
実際には自分で反復練習して自分の体や関節の柔軟性にあった捕球方法を会得していくしかないとは思うが、まあ正しそうであると感じている点を2,3列記してみる。
・無理にボールの正面に入る必要はない。ノックでは正面、正面といわれるが、ギリギリで追いついて正面で捕球するとそのあとの送球が困難になるので、捕球できれば体の左側でも、逆シングルで体の右側で捕球してもよい。MLB の影響か最近のNPB のショートなども三遊間の打球は無理に正面に入らずに逆シングルで捕球していることが多い。
内野ゴロ捕球図MLB2
・打球は真正面からみないで斜め横から見るようにする。これは目の構造を知っていれば当然なこであり、真正面からでは遠近感がなく、横や斜め横から見た方がゴロを捕球するポイントも判定しやすい。
・捕球位置はゴロの頂点から落下してきたところか、上がりかけのショートバウンドの位置。これはイレギュラーが少ないので当然。
以上のようなことはまあ理解できるが、本日の内容からみれば小結程度。
本日の横綱は 『腰は落とすな。背中を地面に平行にしろ』 ということである (図1)。
大昔からいわれてきた 『腰が高い、もっと腰を落とせ』 は単なる呪文と心得るべし。
腰を落とす⇒尻は地面に近くなるが背中は起き上がる⇒顔が地面より離れる
内野ゴロ捕球図少年2
⇒打球への恐怖感がでる、重心が後傾し俊敏に動けない⇒トンネルが増える、イレギュラーに対応できない。 (図2)
逆に背中を地面に平行にすることで、顔は地面に近づき、そのままの姿勢で顔を上げることで視線も地面と平行になる。(図1) 
これがボールへの恐怖感を少なくするのに有効である。
腰を落として顔が高い位置にあると地面(ボール)を斜め上方から見ることになり恐怖心が増大するのである。
あんまり適当ではないが、分かる人には分かるのでスキーに例えてみる。
スキー場 急斜面をすべるのは恐怖感との戦いである。その恐怖感を和らげる方法が大昔に読んだスキーの教習本に載っていたのを思い出した。「急斜面では視線を真正面(下界の地面と平行方向)に向けると高さが恐怖感に直結するので、視線は必ず斜面と平行にせよ。」
とのことであった。これで視覚上では斜面を滑り降りのは平地を滑るのと同様になるということである。これで本当恐怖感はなくなるのである。その後の私のスキヤーとしての活躍は万人が知るところとなった。(注;万人はバンニンではなく、知り合いのマント君です)
この状況ととボールを見る視線の相違による恐怖感の違いは非常に似ているのである。
この 『背中と地面を平行に』 という指導は14,5年前にアメリカの Kids 向けのさもないbaseball 指導書で眼にしたのが最初で、当時日本でこんなことを書いている指導書は見当たらなかった。
最近では上級者がこのように捕球しているのが判明してきたためか、腰を落とせというのを否定する指導者もでてきたようである。
たとえば「高木守道の名人野球教室~内野守備編」では 低いゴロの捕球には体を低く下ろしますが、その時、背中は地面と平行にしてください と記載してある。
パイロン 実はこの姿勢をとり続けることは容易ではなく、ゴロ捕球の一連の動作のなかで捕球するときだけでよいのである。したがってこの姿勢で打者が打つ前から構えているわけではないが、この捕球姿勢を覚えこませるために、工事中の道路にあるような円錐形のパイロンの小さい奴 (小学校の体育館にあるような) を子供の背中にのせて、落ちないようにしながら数歩歩かせて感覚を教えたこともあった。昔からなかなかいろいろ工夫していたのである。
ちなみに、昔見たアメリカの指導書には背中に乗せた水の入ったコップの水がこぼれないような体勢との記載であったと思う。
これまで、ゴロは腰を落として捕ると信じていた 「なんちゃって野球通」 の方は、プロ選手の捕球の瞬間の姿勢を是非確認することをお勧めする次第です。
    
スポンサーサイト
2013-09-07 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop

ボールを投げる -その2-

ボールの投げ方について子供たちにどのように指導したらよいか? 
というよりも私がどのように教えてきたのかを、強引に披露してしまうのである。
これまでに投げることに関しては、『ジャイロボール』、これが絶対 肘をターゲットに向ける』 に記載した。
「ジャイロボール」は手塚一志氏の理論を自分なりに解釈して記載し、「肘をターゲットに向ける」 は、野球に関しての絶対的に正しい、不変の真理として記載させていただいた。
そこで、今回はほとんどの技術指導同様に絶対真理とはいえないものの、初心者にわかりやすいように、そして、ヒトの体の構造上も故障が少ないであろうと思われる投げ方について、これまで実際に学童野球で教えてきたことについての酒の肴話である。
昔、我々が大人たちから聞いてきたのは
「ボールにきれいなバックスピンが懸るような投げ方」
「腕を耳の脇を通すこと」
多少ましな指導としては 「肩、肘、手首、指の順に振っていて、腕がしなるようにボールをリリースする」
などが思い出させる。
きっと、昔は多かれ少なかれみんなこんな程度であったに違いないのである。
まず、「ボールにきれいなバックスピンが懸るような投げ方」と教えると、私のような真面目な少年は手のひらを相手側に正対させたように腕を振ってしまうのである。
ピッチィングマシンに例えてアーム投げと言われるのがこれを指していると思われるが、人間の肩関節、肘関節の構造からして、故障すること請け合いの投げ方である。
おかげで、私は高校2年にして全力投球することはできなくなり、いまでも寝返りをうつたびに右肩関節に痛みが走るのである。きっと故障していなければメッジャーリーグで活躍できていたかもしれないのに。
つぎに 「腕を耳の脇を通すこと」 との教え。
体の縦方向の軸と肩から肘までのラインの角度は、体に負担なく投げるためにはある一定の角度に決まっていて、腕を耳のすぐわきを通そうとするのは無理な話なのである。
余談ではあるが、体軸×肩-肘の角度は多少の個人差はあるもの (ヒトの骨格、筋肉の構造がほぼ同一であるため)、オアンダースローーハンドスロー、サイドハンドスロー、アンダーハンドスローでもほぼ同じなのである。
嘘だと思ったら、雑誌などの野球選手の分解写真で投球フォームを参照していただきたい。アンダースローの山田久志投手、牧田和久投手もオーバースローの松坂大輔投手、田中将大投手も体軸の傾きが異なるだけで、体軸×肩-肘の角度(α)はほぼ同じなはずである。これは、当たり前なのである、みんな同じ人間だもの。
そして、「肩、肘、手首、指の順に振っていて、腕がしなるようにボールをリリースする」。
これは完全に映像をみて感覚だけで言っている内容であり、子どもたちには実にわかりにくい。
そもそも腕がしなるわけないでしょう。
上腕も前腕も骨ですよ。
曲がるところは関節のみです。オーバースロー
肩、肘、手首。そこが理想的な順番で、理想的な角度に曲がっていくと、高速で動いているので、目の錯覚でしなってだけでしょ。当たり前であると思いませんか。
そのほか肘を肩より下にさげないとか、トップの位置ではボールは後ろに向けておくとか、いろいろあるのですが、みんな理想的な選手が行っている腕の使い方の結果だけをみて教えているとしか思えないのである。
さて、いつもと同様にずいぶんウンチクを語ってしまったが、どう教えるかが問題である。
「肘をターゲットに向ける」 これは前述のとおりで、体の開きを抑える以外にもいろいろなことを含んだ基本中の基本。
そのうえで、腕の振り方の説明としては 「小指側から振れ」 とはよく言われるが、すっきりとは分かりにくい。
メジャーの名プレーヤー ジョージ・ブレットは著書 「強い打球と速いボール」 のなかで、「腕を空手チョップのように振り下ろす」 と記載している。
これは相当にわかりやすく、メジャーリーガーが空手に例えたこともあって衝撃をうけたのを覚えている。
それから正しい腕の振り方のトレーニングとしてアメリカンフットボールのボールを使ってのキャッチボールも浸透してきている。子供用に小さいサイズのボールも市販されているので、へたに指導するよりもこれでキャッチボールをさせておくとよいトレーニングになる。体育館での練習などのときにも最適である。
最近は数社からアメフトボールの形状で大きさ(短径)を硬式ボールと同じくらいにしたものも市販されているので、これらを使用したキャッチボールも有効である。
これらの楕円ボールが弾丸のように回転して進むのが要するにジャイロ回転であると理解している。
さて、ここまででも相当役に立ちそうでしょう。
すごいでしょう。
でもこのあと飲みながらさらに熟考したのである。
このくらい思考すればもう一つくらい大学に入れたかもしれないのである。
何度も記載したように人間の構造はだれでも基本的には同じであり、ものを強く遠くに投げるということに関しては、腕の振り方は同一にならざるを得ないのである。
たとえば、投球、アメフトのスローイング、さらにはバレボールのスパイク、バトミントンのスマッシュ。
また、テニスのサービスは野球の腕の振り方のトレーニングに使われることもある。
このへんまででも子どもたちには腕の振り方というものを十分理解してもらえるはずである。
しかし、この程度では東大に入ることは困難なのである。
次が究極。
『やり投げ』
やりなげ
これは強く、遠くにとばす代表の競技であり、しかも狩猟するようになったころには人類はすでに槍を投げていたのであるから、この腕の振り方は DNA に刷り込まれているはずである。
どうだ、まいったか。
野球なんぞとは歴史が違うんでぃ!!
リリースするタイミングは少し違うかもしれないが、やり投げ。
これが原点であろう。
私はやり投げを教えてもらったことはないが、おそらく右投げであれば、投げる方向に向かって槍は時計方向に回転しているはずである。そうでないと真っ直ぐ、遠くには投げられないはずである。
これもジャイロ回転なのであろう。
だから、子どもには言うのである。投げるのが丸いボールと思うな!  
槍だと思って投げろと!
ボール=やり
ここまでくるとかえって分かりにくいのであった。
東大は遠かったのである。
2013-06-22 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop

ボールを投げる -その1- 『肘をターゲットに向ける』

『割れ』に続くこれが絶対 第二弾。
投げることに対して一過言持っている野球好きは星の数ほどいるのは百も千も承知である。投げる
みんな正しいと信じて実行していたり、指導をしているものと思われる。
しかし、やっていること、教えていることが 『絶対』か? と問われれば途端に怪しくなるのである。

グラブ側の肘をターゲットに向けること。
 
これは投げることに対しての
絶対である・・・と信ずる。

投げる動作の場合、
足の運び ;前足の踏み出し位置―相手に真っ直ぐとか、ややクロス方向とかオープン方向とか
体重移動;お尻から始動し椅子に座るように移動するなど
腕の振り;肘を肩より下げない、肩、肘、手の順にしなるようになど
リリース等々
とにかく大変である。
一つを考えていると他をすべて忘れてしまうのである。
以前、息子の中学校野球部の練習に元プロ野球選手兼プロ野球指導者のS師 (もちろん飲み会等で親しくしていただいている関係)に、指導をお願いして来ていただいたことがある。
余談ではあるが、これまで元プロ野球選手、プロ野球選手、高校野球監督、大学野球監督、中学野球指導者、少年野球指導者、リトルリーグ指導者、野球指導塾等種々の方々の指導方法をみてきたが、いまだにこの S 師の指導が最高であると信奉しているのである。
つい先日も酒席に同席させていただき、ああでもない、こうでもないという素人野球理論に長々と付き合っていただいたのである。
この S 師の指導のなかで、1回だけのコーチであったので細かいことは教えられないこともあったのであろうが、投げることに関しては、肘をターゲットに向ける ことを強調していた。
目からうろこであった。
教えられている生徒は深く考えてはいなかったであろうが、私はいたく感動してしまったのである。
グラブ側の肘を投げる方向に真っ直ぐに向ける。
左右方向に関してだけでなく、肘が方向指示器であるので、遠くに投げたければ肘を高い方向に向け、短い距離であれば真正面に向けるというものであった。
また、素早く送球したいときはなるべく早く肘を相手方向に向けるのである。
これを実行するだけで、かなりのことが解決するのである。
開き過ぎとか、足の踏み出し位置をどうするかなどは、本人の体が動きやすいように自動的に決まってしまうのである。
また、内野間の送球などで素早さが要求される場面でも、グラブ側の肩を相手側にいれるとか、すばやく送球方向に足を踏み出すなどというよりも、可能な限り早く送球方向に肘を向けると教えた方が、ずっと素早い送球ができるのであった。
その後、プロ野球選手のキャッチボールを注視してみたが、かれらは、非常に近い距離にボールを投げる時も、体を開いたままで適当に投げることはせず、きちんと肘をターゲットに向けているのであった。
個人個人の筋力や関節の可動域など不確定要素が多いために、プロ野球選手でもいろいろな投げ方をしているのであり、あまり細かい矯正はかえって故障につながることにもなる。
しかし、投げるという複雑な動作のなかでこの
『肘をターゲットに向ける』 というのは
『例外のない法則はない』 という法則の例外である絶対であると信じて疑わないのである。 


2013-04-28 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop

真後ろの外野フライの捕球方法


飛球
真後ろの外野フライの捕球方法についてである。
何が論点かというと 「追うときにボールから眼を離すか離さないかないか」 である。
飲んでいて激論になったことがあるのである。
私自身 なんちゃって外野手 ではあったが、後方の飛球は眼を切って追っていたのである。
ジャイロボールの項にも登場していただいた元甲子園球児の H 氏も 「当然眼を切る」 と言っていて、野球少年たちへの指導もそうしていた。
これは外野手として当然のことであると確信していたのである。これを練習することが外野と内野の最大の相違と思っていたのである。
ところが、とある公立高校の元高校野球監督は絶対に見ながら打球を追わせると言ってきかないのであった。
なぜなら、「みんなできないから」、「目視下に全力疾走が原則」 ということであったと記憶している。
真後ろの打球は見続けられないでしょうということに対しては、肩越しに見ながら走らせるというのであった。
ホンマかいなと思い、そんなことやってるから勝てないんだよなどと言って、ますます口論になってしまったのであった。もちろん飲み会であったのである。

確かに、少年野球の指導書などによると最短地点までボールを見ながら全速力で追って、なるべく早く落下点に入るなどという記載も目にする。
これは指導が面倒くさいからなのではないかと思ってしまう。
論理的に考えても、ボールから目を離して走った方が速く走れるのは疑う余地がないであろう。あとは落下地点を正確に予測できるかどうかである。

捕球までのプロセスはまず、打者が打った瞬間に一度打球をみて、瞬間的にある程度の落下点を予測して、ボールから眼を切った状態で全速力で予測地点に向かい、振り返ってボールを確認して実際の落下地点に動いて捕球するだけなのである。
打球音も参考になるので、おそらく熟練者ほどスタートが早く、ボールを直視する時間が短いものと思われる。
「外野手もどき」 である私は通常では目視で追っていたら到底捕球できない打球に対して、眼を切って追っているので、捕れなくて もともと というような感覚で追っていた。
それでもときどきは追いついて(追い越して?)捕球することができるので、気分爽快であった。
はたから見ていると、マグレに見えていたかもしれないのである。
ただ、一気に走って、振り向いた瞬間に、もうボールが頭上を通過しかけていたりして諦めることもあったが、いいじゃないですか。普通に追ったらではどうせ捕球できないのであるからと割り切っておりました。

練習方法はまずは、ボールから眼を切る練習が必要である。

優れたノッカーがいて、練習時間が十分とれるチームであれば後ろ向きに走り出してからノッカーにぎりぎり捕球できるところへのノックを繰り返してもらうのがよいのでではあるが、その位置に連続してちょうどよいノックを打つのは容易ではないのである。
しかも、数をこなして背走、振り向いてボールの確認、捕球の感覚を養わなくてはならない。
そこで、ノックでなくて手でボールを投げる方法がよいと思われる。
距離もノックより短くてすむので、走る時間も短く、短時間に複数人が連続して練習できる。
実際には塁間の半分か 2/3 くらいの位置に相手を立たせ、まずまっすぐ後ろに背走させ、それからその方向にボールを投げる。打球と異なり外野手は落下地点の予想はできないので、タイミングをみてボールを投げたヒトが 「振り向け」 と声をかけて、振り向かせる。そこでボールを確認して捕球する。
これを繰り返すことで、眼を切って、背走、振り向いて捕球という感覚が身につくのである。
これを中学校野球部で実際にやってらったとき、選手たちはこの新鮮な、経験したことのない感覚にびっくりしていたのであった。
この次の段階として、できればピッチングマシンを使用してノックのかわりにすれば安定した場所にボールを飛ばせるので、この場合はボールを見てから背走して周囲の選手の声掛けで振り向いてもよいかもしれない。
最終段階としてノックをしてもらえばよいのである。

未熟なチームほど後方の飛球を捕りに行くのを避けるために、外野ノックのときの守備位置は異常に深いのである。それでは外野手が一番練習必要な真後ろのノックを受ける頻度が減ってしまうのである。所詮前方の打球は簡単なので後方ほど練習はいらないのである。

この真後ろ打球捕球方法のポイントは 
  1. 背走時は一直線上に走る(真後ろ以外の打球は落下地点にやや後ろから回り込む感じがよいかも) 
  2. 背走は全力 
  3. はじめのうちは時間が長く感じられるが、思った以上に走る距離が短いので、ここだと思った地点より数メートル先まで走って振り向く
細かい点では右打者の飛球は右に左打者の飛球は左にきれていくことが多いので、完全に真後ろに背走するときは右打者では左回転、左打者では右回転で背走がよいともいわれているが、これは試してみてからでよいと思う。
とにかく反復練習で感覚をつかめばできると、ネット上でもずいぶん書きこまれているようである。

  • この捕球は外野手にとっての醍醐味である(と偉そうにいってしまうのである)。

これができると、草野球での内野守備などで後方への大きく上がってポテンヒットになりそうなフライを候補して拍手喝采なのである。
この練習すらしないチームはとるに足らないといってあなどってよいのである。
これで、大激論になったのである。
でもいつものように決して譲らなかったのである。
あんまり熱くなるなよと周囲からたしなめられたのである。
でも熱くならないような野球談議には興味がないのである
どうしょうもないオヤジと言わざるを得ない。

ボールを見ながらしか捕球できないプレーヤーが眼を切ることが可能になれば、はじめは異次元の感覚に気づくはずであり、守備範囲も飛躍的に広がるのである。
もしかしたら、練習してもどうしても感覚がつかまえられない選手もいるかもしれないが、外野手はぜひ一度は試してみていただきたいと思う次第である。 

2013-02-09 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop

これが絶対 『割れ』

『野球は演歌だ』 を始めるのに当たって、当初の目論見は違ってしまったのであった。
野球の話を記載しようと考えたのはいろいろなレベルの野球を観戦し、時には子供たちに指導もし、幅広い野球関係者と議論をしていくうちに、野球理論で絶対に正しいものは何だろうと疑問を持ったことに始まる。
そのなかで、『これが絶対だ』という理論、技術だけを集めた小冊子を作成しようと思った次第なのである。
その後数年間にわたって時々まとめようとしたものの、そもそも万人に通ずる 『これが絶対』 などという野球理論はほとんんどないという現時点での結論に至った。
それでも頑張って、私の考える 『絶対』 について何回かに分けて記載してしまうことにした。
要するにこの項目が私の主張の中枢をなしているのであるが、何回も書けるだけのものはないのである。
今回が -絶対論 その1- で、バッティングに関しての 『割れ』 なのである(言葉自体はどうでもいいが)。
割れ 

割れ;バットを振りだす前の必須動作であり、投手よりの足(左打者では右足)を踏み出していくにつれて、グリップは逆に後方に引かれていき、上半身と下半身が前後に割れるように動くのでこう命名された(と思う)。

この割れた状態からスウィングに入るのであって、決して前足の前方移動につられて振り出すのではないのである。

この-割れ-は私のバッティング論では、どうしてもゆずれない『絶対』なのである。

実は、球種が明らかに分かっている場合や変化球のない学童野球などでは、タイミングを合わせて、割れることなくドーンと打ちに行っても打てるのである。が、上にいくにつれ、投手は変化球や緩急でタイミングをはずすことが重要となってくるので、この割れなしにはオオヤマを張らない限り打てなくなってしまうのである。
理論書ではないので、詳細には述べないが、割れの状態で上半身、下半身が引っ張られ、ひねられた状態から振り出すことでスウィングスピードも上がるのである。

ところが、この割れを子供たちに教えるのは非常に困難である。
以前、中学野球の朝練で1か月ほど勝手に指導していたことがあるが、投げることを教えるよりも困難であった。
それは、別に割れがなくとも打てないわけではないからである。
この割れは一度感覚をつかんでしまえば、あとは体が覚えていくのであるが、この感覚を分からせるのは非常に難しい。
前足が着地するまで、バットを振り出すなとか、前足の着地した時点では前脚とグリップが最も離れるのだとか教えてもダメなのである。
これだけは絶対に体で覚えてほしいと思い、中学生たちにやってもらった練習は2つ。

①    昔からやられている歩きながらの素振り

  構えた状態から 
  • イチ;後ろ足を前足方向に移動 
  • ニイ;前足を前方にステップすると同時にグリップを後方に引いて、割れ(トップ)のポジションを作る  
  • サン;スウィング
これを延々と続けるわけである。
割れの時間が実際のバッティングの時より長くなるが、それゆえに割れの感覚がつかみやすい。
この練習は学童野球でもよくやられていて、中学生たちの中にもやったことのある生徒がたくさんいた。ただし問題は、この素振りをなぜやらされていたかを分かっている選手がいなかったことである。
もしかしたら、指導者方も慣例でおこなっているだけで、目的を知らないのではないのだろうか。
そもそも、歩きながら打つなどという動作は実践ではありえないのであって、この練習はただ割れの感覚づくりのためにあるといって過言ではないのである。

②    バスターからの素振り
これもよくやられることであるが、バントの構えからバットを引き、前足をステップしてトップを作ったところが割れなのである。
したがって、バスターからの素振りでも割れの感覚がよくわかるのである。
と、思って教えるのであるが、中学生であってもぎこちないのである。バットと一緒に前足も後ろに引いてしまう者が続出するのである。
思った以上に割れの習得は困難であったのだ。

そのようなことを、1か月ほどやってもらったが当時の記憶ではフリーバッティング程度でも割れができていたのは 約30人中2,3人しかいなかった (ティーバッティングくらいであればもう少し多くの選手ができていたが)。
しかも、できていた2,3人は私が指導する以前からできていたのであった。
とってもがっかりなのであった。
 
実はこの割れの習得のため我が息子(もちろん左打者)はリトルリーグ時代からもっといろんなことをやらせてきたのである。
代表的なのは右の図のように、右手首と右足首に割れの位置で突っ張る程度の長さにゴムひもを装着して素振り
割れ3させるのである。
振り出す前に必ず、ゴムがひっぱられる感覚がないと振ってはいけないのである。
たるんでいてはダメなのである。

『割れ養成ギブス』 なのである。
ものすごくいいアイデアなのである。

アイデアはよい(と思う)のであるが、息子は-割れ-を習得できなかったのである。
本人の感覚では分からないが、息子に割れの感覚がでてきたのは高校に入ってからであると思う。
これだけいろいろやっても、なかなかできないのである。
割れの感覚習得はできない子には相当難しいのである。

バッティング恐るべしなのである。

素振りと異なり、実際の打撃では割れの瞬間はほんの一瞬である。
割れの時間はストレートのときが最も短く、変化球、チェンジアップではもう少し長くなり、ここでタイミングを調整する。
振り出してからタイミングを調整するのは常人では不可能。
一瞬であるがゆえに考えていてはだめで、体が反応しなくてはならないのである。
この割れができるようになって初めて、次の段階が待っているのである。
が、私自身、この割れの感覚がわかったのは中年以後であり、
肩は壊してるわ、足はすぐ肉離れするわ、視力は落ちてるわ、ビールは毎日飲んでるわ 
の状態で、遅いこと極まりないのであった。 

2013-01-19 : 野球技術 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。