飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

野球と感謝の気持ち

野球に限らず、スポーツ、さらには生きる上で感謝の気持を忘れてはならない、とよく言われている。
でもなんとなく 「それはそうだろう 」とは思うものの、何に感謝し、何のために感謝するか皆が理解しているのであろうか。
抽象的すぎて、子どもたちに伝えても意図するように伝わるとは思えない。
ここでは、こと野球で勝つための目的に限定した感謝の気持について持論を展開してしまうのである。
学童野球、高校野球でのトーナメントの試合をみていて、勝ち上がっていくことの困難さは誰もがわかることと思う。大学野球などのリーグ戦であればほぼ実力のある方が勝ち点をとっていく可能性が高いが、一発勝負のトーナメントとなると話は別である。
前評判が高くとも、10回対戦すれば9回は勝つであろうという対戦相手に対しても、確実に勝つことは容易なことではなく、ましてや優勝するためには圧倒的な実力差がなければなないのである。
他チームよりそこそこ強い程度では、たまたま相手ピッチャーに抑えられてしまったり、ポイントでエラーをしたり、フォアボールを出したりすると簡単に負けてしまうのは日常茶飯事である。
トーナメントではこの程度は番狂わせでなく想定内と言わざるを得ない。そのために、ミスを少なくするために徹底的に守備練習をしたり、精神面をきたえるためにメンタルトレーニングを行ったり、場合によっては、選手をおだてて消極的にならないようにしたりなど、いろいろなことを行うのである。
様々な要素はあるかと思うが、野球では精神面が非常に重要であることは誰しもが認めることであり、特にトーナメントを勝ち上がるためには欠くことができないのである。
自信をつけさせるために練習で実力をつけることも重要ではあるが、最後の最後でもうダメダとか諦めそうになったときに踏んばらせてくれるもの、それが感謝の気持 であると思う。
自分ひとりでやっていると思うと簡単にあきらめてしまうかもしれない状況でも、そこまでにくる過程、関係した人々などを思い出すことで、諦める気持ち、消極的な気持ちに打ち勝てるのだと思う。
たとえば、試合にでているのは9人でも試合に出られない仲間がいる。高校野球グレーJPEG 
ベンチに入れない仲間もいる。
彼らがいたか
らこそその日まで練習ができたのであり、バットやボール、グラブなどがあって初めて野球ができているのである。
自動的になんの援助もなしに自分ひとりでその場に立っていることはありえない。
両親が道具を買ってくれ、場合によっては送り迎えもしてくれる。監督、コーチが練習メニューを考えてくれたり、練習場を確保してくれたり、練習試合を組んでくれる。
それらはすべて当たり前のことではないのである。
周囲からみれば野球なんか遊びなので別にやってもらわなくても困らないのである。
逆に、いつやめても構わないものを続けるのであれば、気合をいれなければならないと思う。
その試合のその瞬間までいろいろなことの支えがあって野球をやらせてもらえていると考えれば、簡単にあきらめられないのである。ギリギリのゴロも飛びつかなければならないし、どんなボールでも打たなければならない。
この感謝の気持の対象として最も大きいのがベンチ入りもできずにスタンドから応援するチームメートの姿であると確信している
試合に出ているメンバーは彼らがグラウンド外で声援している状況で、弱音など吐けるわけがない。1塁まで全力で走らないなどもっての外である。
これが私の考える 「トーナメント必勝感謝の気持ち策」 である。
よく、気持ちで打たせたヒットとか、極限の緊張する状況で、エラーがでてもおかしくない場面でのファインプレーなどを眼にする。これらは偶然ではなく、感謝の気持が執念に結びついているのだと思う。
よく、応援が後押しすると言われる。
そういうことは確かにあると思う。
ただし、プロスポーツでの声援と学生野球での応援では質が異なると思う。プロ選手がお客さんに感謝の気持を持つのは、お金を払ってくれていることが大きく、それはプロとして当たり前だが、学生野球ではお金はもらっていないのである。
応援には力をもらうといいうような軽いものではなく、自分の限界を超えさせる要素が含まれているのである。
これまで、スタンドの応援の差で負けたという試合を何試合か経験した。
これは絶対に 応援の差=感謝の程度の相違=執念の差 と確信している。
以上 私の考える感謝は抽象的でなく、当人たちが逃れることのできない、当然の精神状況から生まれるものであるというのが結論である。
今日は相当によいことを書いていると自負しているのである。
どこかの学校で授業に副教材として使ってくれても文句はいわないのである 。

スポンサーサイト
2013-08-18 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop

指導者について

勝つチームを作るためには指導者に何が必要か?
投げかた けがの予防 守備 打撃 トレーニング方法 コンディショニング・・・ 
これらを科学的に具体的に教えることが最重要である。
などとは熱血野球オヤジは思わないのである。
強くするための最大の要因は 指導者の 『情熱』 である。
これは誰が何と言っても、犬がニャンと言っても譲ることはないのである。絶対の真理なのである。ヒッグス粒子なのである (科学者なので難しいことも知っているのである)。
これまで、学生野球で勝つためにはまずはピッチャーが最重要であってその次が監督であると思っていたのだが、これは誤りであったと反省しているのである。
最重要点は指導者(監督)の情熱であると悟ったのである。
理由
①   いつもいつも優秀な選手を集められない環境にあるチームでも世代を超えて強豪チームが存在する
②   トーナメント戦で通用し、力以上とは言わないまでも、緊迫した試合で実力通りのプレーができるような選手に育てる(おだてる)のも指導者による 
③   高校野球 逆境に打ち勝つ方法― “ないない”づくしでもやれる50の工夫 (「もっとできる」シリーズ) 藤井 利香、 金子 裕美 (2012/12/11)
高校野球 逆境で勝つために
この本は、野球オヤジにはおすすめである。
条件の悪い環境での練習の工夫とか、無駄のない練習、画期的な練習を集めた本であるが、内容は監督の情熱を記述した人物論の本と思っていただいてよい。

申し訳ないが、スポーツはみんなそうであるがことに野球は論理的によく分からないことばかりなのである。
打ち方、投げ方、戦略、打順・・・
正しいことをやったから勝つのではなく勝ったから正しかったといっているようなものなのである。
そのような状況であるので、指導者がやらなくてならないことは、
①    完全に誤った身体の使い方をしないようにする 
②    けがの予防に最大限に努める  
③    体罰を与えない
くらいのことである。
あとは自分の信念に基づいて、方針がブレルことなく情熱ともって選手を引っ張り、ヤル気を最大限に発揮させることが重要である。
選手に疑問を抱かせるような監督では、トーナメントを勝ち上がる勢いは期待できない。
精神面が重要な要素である野球では「おだてること」も指導者の役目なのである。
指導者の情熱と選手の気概、信頼感は比例すると思われる。
前記の本にとりあげられた監督の情熱には感服してしまう。
まいった!まいった! 私の負けです、代官様ってな感じなのである。
彼らの野球技術指導が日本有数であるとは思わないが、クレージーなまでの情熱には頭が下がる思いである。
野球に限らず、情熱に満ちた指導者に出会った生徒は幸運である。
生徒が卒団(卒業)するときに、お互いに涙しないような薄い付き合いでは決して強くならないと確信するのであった。

    
2013-05-04 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop

バット

バットの話である。
でも、グラブの時とは様子が違うのである。
あんまりこだわりがないのである。
よくわからないのである。
トッププレーヤーが 1mm  レベルでグリップを調整したり、微妙なバランス、長さなどを調整してオーダーしているのを見ると、『ウン、ウン、プロはこうゆうものだ』 と納得するのである。
でも、自分でいざバットを選ぶとなると、何があっているかなんかよくわからないのである。
チームにあるバット中からなんとなくこれでいこうなんていって使っているか、試合でヒットが打てたからこれが合っているとか、新しいからこれを使おうとか なんてのがほとんどのアマチュア選手がバットを選ぶ基準であろう。
だいたいが、学生野球では通常はグラブと違ってバットはチームのものを使用するので、愛着の深さもグラブほどではないのである。
このあたりが、「バット論」 は早々と、スタートする前からあきらめた理由である。

そこで、である。

トレーニングバットがどのくらいあるのか、調べてみた。ノックバット以外でも、短いの、長いの、平らなもの、重いの、不思議な形のもの、金属の棒みたいなもの。各種バット2

5分くらい調べただけでもいっぱいあるのである。
ほんとに使いわけできるんかいな、と疑問に持つのである。
とっても役に立つのなら全部持っていないといけないのである。
全部ではないが、実は数本は持っているのである。
まったく困ったオヤジなのである。
どれか一本といわれれば、長いやつでいわゆる長尺バットというやつである。
とにかく、まともなスイングでなければ振れないのである。
振れないヒトは何かが間違っているとき気づかなければならないのである。
いろいろなメーカーから販売されているが、私のお勧めは、タマザワの 『小次郎』。
なぜかというとネーミングが良いからである。
2本も買ったのである。そして 110-120cm、750-110g くらいのものが各種販売されている豊富さ。
でもプロ選手などのトップアスリートでなければお勧めは一つ。
750g/ 120cm。
この種のものは長さが重要なのである。
それで、スウィングのチェックとスウィングスピードをつけけるのである。
重ければいいというものではないのである。
重いと常人では何回も振れないのである。
実はバットでなくてもいいのである。ホームセンターに行って、150cmか200cm くらいの竹を買ってくれば良いので竹ある。
せいぜい1本100円くらいなのである。
以前ちょこっと携わった中学校野球部に10本くらい寄付したのであった。
なかなか良いこともしているのである。
ただ、竹であると軽い分長さが必要になるので、振り回しているとしらないオッサンや意地悪なオバサンに 「アブナイじゃないか」 言われてしまうのである。
ユニフォムを着ていないと何をやっているか、疑問に持たれてしまうのである。
これに比べて 『小次郎』 は誰がみても、バットに見えるのである。
長いと言っても 120cm 程度である。
武蔵には負けたが小次郎なのである。
はっきり言って、今回は結論にたどりつけないのである。
タマザワの販売員でもないのである。
でもこれだけは言えるのである。
長尺バットを振った後に振る、通常のバットは 1200g 程度のマスコットバットを振ったあととは比べ物にならないくらいにスカット振れるのである。
よし、今回はこれでおしまい。 

2013-03-31 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop

AED について

アイシングに続く第二弾。
野球のための医学講座 2。
心臓震盪 (Commotio Cordis)  なるものをご存じであろうか。
これは胸部に衝撃が加わったことにより心臓が停止してしまう状態ある。多くはスポーツ中に、健康な子供や若い
AED.jpg人の胸部に比較的弱い衝撃が加わることにより起こるのである。
野球、ソフトボール、アイスホッケーによるのもが多く、フットボール、サッカー、ラクロス、ボクシング・・等でも起こりうる。(日本循環器学会ガイドラインより)
心臓震盪は衝撃がさほどでなくても起こってしまうときには起こってしまうのである。
骨折や直接に心臓の筋肉が障害されるわけではないのである。
あるタイミングで胸部への衝撃が心臓に加わると、心室細動(心臓が正しい動きを失って震えているだけになる)という死亡につながる不整脈を引き起こしてしまうのである。
 
アメリカでの心臓震盪の診断基準。
(1) 心停止の直前に前胸部に非穿通性の衝撃をうけている
(2) 詳細な発生状況が判明している
(3) 胸骨、肋骨および心臓に構造的損傷がない
(4) 心血管系に奇形が存在しない
 
スポーツ以外、レクレーションでも発生することもあるが、野球がやっぱり危なそうである。
最近リトルリーグなどでは、予防のため胸パッドなどを使用しているようであるが、それでも完全に防ぐことはでできないのである。
ほとんどが子供に起こるので、スポーツに携わる大人たちは指導者以外でも対策は知っていないといけないのである。
元気なこどもが運動中に目の前で突然倒れてしまったらどうするんですか。
本来はイレギュラーボールを胸に当てて止めろという指導も、危険なのではあるが、これは勝つためにはなかなか禁止は難しいのである。

そこで、この心臓振盪の対策に絶対に知っておかなければならないのは AED である。
 
A:Automated(自動化された)、
E:External(体外式の)、
D:Defibrillator(除細動器)
 
心臓振盪は心室細動という致死的不整脈によるものが大部分であるので早期の AED による処置で全く後遺症なく助かるのである。
要するに不整脈を電気ショックで治せばいいわけであるが、時間が経つともとに戻りにくくなるので、早急に電気ショックをかけることが重要である。

そのためには
①   AED が近くにある
②   AED を使える人がいる
この二つが必須条件なのである。
 
①  AED が近くにある
最近では学校やスポーツ施設などにも常備されていることが多いが、それだけではだめである。
実際に競技が行われる場所と設置場所が離れていてはすぐに使用できないのである。
たとえば運動会や野球の試合などでは、職員室や事務室にAED をおいておくのではなく、競技しているグラウンドに持ち出しておいて、旗でも立てて、所在位置が誰にでも分かるようにしておかなければならないのである。
(心臓振盪ではないが、マラソン大会などでの心室細動には中継点にいくつかのAEDをおいておくか、数台のバイクにAEDを積んで伴走するなどの対策が重要である)。
 
②  AED を使えるヒトがいる
心肺蘇生方法はすべての日本人が行える必要があるとは思うが、なかなかそこまでは徹底しえないのである。
少なくとも子供の指導者 (スポーツによらない)、学校の先生、スポーツ関係者、審判員などは AED 講習は必ず受けるべきである。
目の前に救える命があるのに何もできない状態で良いと思いますか。
 
少なくとも学童野球にかぎらず野球チームは 練習でも試合でも AED とそれを使用できる人がいなければならないと考える次第である。

「AED 」  これはバットとボール以上に大切であると認識すべし。
 
本日は飲みながら語る内容ではなかったのである。
だから今日はビールは我慢するつもりなのである。
実は昨日が飲み会でまだ回復不十分なのである。 

2013-03-22 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop

アイシングについて

役に立つ医学講座1
アイシングについて考えた。
アイシングというと通常は投球後の疲労回復を肩や肘の炎症を抑えるために行うものをイメージしてしまう。
もちろんこれは重要である(否定する意見もある)と思う。
が、ここでは怪我の応急処置のアイシングについて語ってしまうのである。けが
外傷後(打撲、突き指、捻挫など)後は、組織のダメージにより炎症をおこし、熱をもち、赤くなり、腫れるのである。
あとあとの障害を最小限にして、さらに痛みを軽減し、競技復帰を早めるにはアイシングが重要なのである。
本当である。
細かいメカニズムは言わないのである。
調べてもらえばいいのである。
絶対に有用なので、スポーツのチームはアイシング用品、氷は必ず持参して練習、試合にのぞまねばいけないのである。
野球チームでああれば投手のアイシング用具を代用してもかまわないのである。成書によるところの最高の方法をとらなくてもよいのである。
まずは、けがしてからなるべく早く(病院へいくよりも早く)アイシングをするのが重要なのである。
以外に知らないか、知っていてもやらないチームが多いのである。
一般的に言われている方法を記す。

① アイシング開始は受傷後 30分以内に
② アイシングの目安は皮膚の感覚がなくなるくらいまで (表面のみ冷えると、凍傷になるので、氷そのものや冷凍庫で固めたアイスパックなどは、タオルなどにくるんで、受傷深部がギンギンに冷えるようにする) で、おおよそ、15分から20分くらい。
③ 感覚が無くなるまで冷やしたら、一度中止して感覚がもとにもどったらまた、同様に冷やす。
  おおよそ1~2時間ごとくらいに数回施行。
  3日くらいまでは受傷部に熱を持っている状態であれば、このアイシングを繰り返すべき

④ 入浴時には患部は湯船にいれない。入浴後は再度アイシング数回。
 
良いとされているアイシング手段氷嚢
0 度が一番いいそうである
氷をビニール袋に入れて冷やす
指のけが (突き指など )は、コップに氷水を入れて直接指をいれる
足や足首のけが (打撲、捻挫など)、手、肘などではバケツに氷水をいれて冷やしもよい
アイシングがめんどうくさいためか、無知なためか、応急処置として以外に行われていないのが残念である。
逆に効果が期待できないのに、簡便であるため使用されているものがある。
① コールドスプレー。これは、皮膚の表面が冷却されるだけであり、深部が冷やされないため、障害を最低限に抑える効果はない。プロ野球の試合などでよく使われているが、あれは治療目的ではなく、知覚を麻痺させて痛みを軽減させ、プレーを継続させるためのものである。カッコよくみえるためか、学童野球の 「デッドボール」 などで、汎用されるが、鎮痛目的以外に使用理由なしとわきまえるべし。
② 湿布。これは慢性炎症による痛み (整形外科的な腰痛や膝痛など) に使用するものであり、血行促進作用があるためアイシングと逆の作用になってしまうので、急性炎症である打撲、捻挫には不適。
そうはいっても、けがの後病院に行くと湿布を出されるでしょう。これは昔からの慣例で処方するだけか、数日後の痛みに対して処方したものかのどちらかである。申し訳ないのではあるが、急性期に使うのは誤り。
髭をはやしたこわそうな整形外科の先生が言っても、きれいな看護婦さんが言ってもダメ。
急性期はアイシング。
受傷部に熱感がなくなったら、湿布を使っても許しましょう。
 打撲や捻挫のときに自分でアイシングしてみれば効果は歴然である。
----------------------------------------------------------------------------
昔々、野球オヤジがソフトボールの試合で、サードを守っていたそうな。
ソフトボールの痛烈ナライナーをすね(弁慶の泣き所)に受けて、それはそれは痛かったそうな。
痛みで歩くどころか足をつけなかったそうな。
おじさんチームじゃったので、もちろんアイシング用品などあるはずがなかったそうな。
すぐに自宅でアイシングを開始したとのことじゃった。
1時間近くたっていたので、もう腫れてきていたそうな。
数回のアイシングを寝る前にそれはそれは一生懸命行ったのじゃった。
これまでの経験では翌日はアザと腫れを痛みが残るはずじゃった。
ところがどうしたことか、わずかな腫れと、押したときの軽度の痛みが残っていただけだったとさ。

野球オヤジはこのときから、アイシング伝道師 (なんだそりゃ) として活躍するようになっとさ。 

めでたしめでたし。

----------------------------------------------------------------------------

後日談

急性外傷時には炎症を増悪させるので、アルコールがよくないのは良く知られているのであるが、けが当日に 『ビール』 を我慢することはできなかったのであった。

なぜなら運動後であり、もはや運動はビールのためにするからなのである。それでもアイシングはビールのマイナス面も凌駕してくれたのであった。ワッハッハ。

みなさん、野球に限らずスポーツに携わるならアイシンググッズ携帯は必須でございます。
とくに大会前のけがからの復帰を早めるために、よろしくおねげえしやす。
一回、効果を見てやってくだせい、代官様。

目からウロコでございます。バットの1,2本、グラブの2.3個忘れても、氷は忘れるべからず。

ところで、亜米利加 (USA) では(もしかしたら、日本の進歩した競技者でも) 最近では運動前のアイシングというのもあるのだそうである。やりかたは知りません。よろしければお調べになって下さいませ。

今回は少しはお役にたてたのではないかと自負して一杯やらせていただきやす。

   


続きを読む

2013-03-19 : その他 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。