飲み屋で熱く語る ”野球好きオヤジ” の勝手な独り言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

カウントによるボールの待ち方(超素人的考察)

野球はストライクが 3つまで、ボールが 4つまでと決まっている。
これが野球というゲームを絶妙なものにしていることの一因であることは疑いのないことであろう。
また、野球やゴルフなどのように動かずに停止している時間が多くあ
カウントボードるスポーツほど、考える時間が多いため精神的な影響を受けやすいのも当然であると思われる。
さてそこで、カウントによるボールの待球の姿勢について考えてみた。
その前に、よくカウントによる打率の相違について論議させることも多いので、それについて私見を述べさせていただく。
大昔のように初球から打ってはいけないなどという意見はもはや少数意見であり、初球から好球必打が大多数になっていると思う。
これは 『初球打ちの打率やワンボール後の打率が高い』 ことなども理由になっているようである。
しかし、ことはそうそう単純ではないのである。
まず、初球に打つということは自分が打てそうなボール、ねらった球、あまい球などが来たから打つのであって、そもそも 2ストライク後などのストライクを見逃せない状況とは異なるのである。
要するに追い込まれる前に打つということは打ちやすい球しか振らないので、打率が高くなるのは必然なのである。そこも含めて初めから積極的に狙っていけというのはもっともなことではある。
逆に、初球やワンボール、ツーボール後のファーストストライクの打率が低いバッターは練習が必要である。
ただ単に数多く打つのではなく、自分が打てるコースの習得、得意なコースの習得が必要になる。
このような未熟者は狙い球でもないにもかかわらず、ついつい初球から打ってしまうことも多い。たとえばストレートを待っているにもかかわらず、おそいカーブがきたら突然打ちにいってひっかけてしまうように。
従って、狙い球以外は当然のように見逃す訓練も必要である。
さて、本題のカウントごとのボールの待ち方について一息で書いてしまう。
前置きとして知っておかなければならないのは、前述のとおり野球は精神面が大きなウェイトを占めるので、打者がすべてのカウントで同じ精神状態を保ち、かつ同じタイミングで同じ軌道のバットスウィングをするのは不可能であるということである。
全てのカウントごとに論ずるほど野球を極めていないので、打者と投手心理を推察していくつかに分類してみた。
 
まず、●●● (3ボール0ストライク、以下 ●=ボールス、○=ストライク、○ ● の順番は考慮せず) はプロ野球での4番バッターや超特殊状況以外では打つべきではないので除外)

① 自分の打てそうなコース、球種を最もせまく絞ってよいケース
    初球、●、 ●●、 ●●○、 ●●●○
② おおむね打てそうな球種、コースを打つケース
    ○、 ●○
③ ストライクはすべて打ちにいかなければならないが、投手もボールは投げたくない(投げられない)ので、あまい球がくることも予想されるケース
    ●●○○、●●●○○
④ ストライクはすべて打ちにかなくてはならず、しかも打ちやすい球のくる可能性が最も低いケース
    ○○、 ●○○
 
 いわゆる、①、②がバッティングカウント ③は微妙で、打者有利と考えるか、投手有利と考えるかは各々の選手のメンタルしだい。私個人としては打者有利としてバッターボックスに入ってほしいと願うのである。④は投手有利。したがって投手捕手は心理的に相当に余裕がある状態。
 
① のケースではバッターは得意な球を狙っていくことが重要で、このカウントで打つことで打率がアップする。
一般的なアマチュアの打者であれば、このケースのための練習がバッティング練習といってよいであろう。
つまり、バッティング練習とは  苦手なコース、球種をなくすのではなく、打てるコースや球種を高頻度でヒットに出来るようにすることと、狙い球を見逃さなくすること、狙っていないボールを急に打つような無節操なことをしない技術を磨くことなのである
プロ野球選手やプロ野球選手に近いようなアマチュア野球レベルでなけれれば、投手もそれほど厳しいコースばかりを投げるわけはなく、7色の変化球を投げるわけでもないので、打てるところを磨く。これが重要である。
レベルとともに狙える範囲は広げる必要はあるが、通常ではコースは真ん中付近から少し高め(少し外角よりとか少し内角より程度)、球種はストレート、カーブ、スライダー程度を選択枝にいれておけば十分であろう。

② はメンタルが強い選手では①と同じでよいが、追い込まれるといやだなあなどと考える打者では①より一段階選択する範囲を広げる必要がある。
たとえば、球種はストレートに絞るが低め以外の真ん中から外角全部など。
③ のケースは第三者がみれば ●●○○はやや打者有利、●●●○○は完全に打者有利であるが、バッターボックスに入っている当事者は追い込まれている感じを受けざるを得ないのも事実である。
このカウントについては、実は上記のような精神状態を打破するために、メンタルトレーニングも有効なのではないかと思う。また、相手ピッチャーの心理状態を推測することも有効かもしれない。
ボールの待ち方としては、あまい球が来る可能性も少なくないので、積極的に打ちに行く必要があるのだが、ボールには手を出さないことと、そのピッチャーがストライクを取りやすい球種でくることは念頭におくべきである。
余談ではあるが、野球のレベルが上がるにつれ、●●●○○からは、結構なボール球を空振り三振するのを見かける。
明らかにフルカウントは特殊なカウントなのであろうが、未熟な選手ほどフォアボールねらいで待球姿勢であるのに比べ、一流選手は甘い球が来る可能性が高いので、積極的に打とうとする精神状態のあらわれなのであろう。
⑤  これはもう誰がなんといってもピッチャー有利。
「ごめんなさい、お奉行様参りました」 の世界である。
通常のピッチャー、キャッチャーであればもはや普通のストライクでは勝負はしてこないのである。
ボールを振らせて三振を狙うのである。一般的にはお手上げでだが、失投もあるし、たまたまヤマがあたることもあるので、何かを考える必要はある。では、なにを考えるか。
まず重要なのは諦めないことである。そして相手の心理状態を予測すること。そのうえで確率の高そうな球種を予測してもよい。
確率だけを考慮するなら ○○ の場合は日本では7,8割以上はボールを投げてくるので、ど真ん中以外打たないと決めてかかってもよいかもしれない。へたに打とうと待っていると低めのボール球を振らされてしまうかもしれない。可能であれば、クリーンヒットは諦めて、バットも短く持ってバットコントロ-ルをしやすくして、とにかくストライクを当てにいってファールにして、明らかなボールは見送る。これを繰り返してなんとか、●●○○、●●●○○ にもちこみたいところである。
ところで、ストライクを当てにいくとしてもどのような心がまえで待球するか。
元社会人野球プレーヤー、元プロ野球選手に聞いてみたことがある。
ひとによって多少は異なるのであるが、やはり、複数の球種、コースを想定しておくとのことであった。
ホンマかいなと思ったのである。
彼らが言うには、ストレート7割、変化球3割、内角3割、外角7割のような待ち方だというのである。本当である。これがレベルが高いということなのかと思ったが、聞いていても具体的にどうするかは全く分からないのであった。
感覚的な問題なのであろう。
よく、ストレートで待っていて遅い球や変化球は打てるが、変化球を待っていてストレートは打てないとも言われている。
これも非常に疑わしい。これが本当であれば、議論する必要なくピッチャー有利の 2ストライクではストレート待ちしかありえないことになる。いずれプロレベルの選手の言っていること、やっていることは嘘か本当か分からないが、常人が理解するのは困難であるようだ。
それでは私はどうしていたかというと、追い込まれたら、外角のストレートに合わせていた。
これで外角のストレートがくればもちろん当てられるし、バットの振出しが遅く、体近くまで引きつけて待つので、変化球 (とくにカーブ )には十分対処可能であった。内角のストレートがくるとお手上げであり、その場合は降参していたのである。
そもそも高校野球くらいまでなら、圧倒的に内角より外角の方に投げてくる確率が高く、なかなかよい待球方法ではないかとうぬぼれていたのである。
以上が私なりのカウント毎の対策である。
どうだ、参ったか。

【まとめ】
  • バッターにとって重要なのは、自分が打てる可能性の高い球種、コースをバッティング練習で把握しておくこと→ いわゆるボールを絞れる打者になること
  • カウント毎に投手、捕手心理を推察してみること
  • 自分の性格を理解して、迷ったり、あわてたりしないカウントで打つように心がけること
  • 打者有利、投手有利カウントは自分の気持ちの持ち方で変えられると理解すること 
スポンサーサイト
2013-08-24 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop

野球の練習は修行

野球の練習は修行である。修行
少年野球時代から繰り返される練習。
経験者であれば誰しも一度は疑問に持つとは思うが、昔から現在まで基本的にはあんまり変わってないんじゃないかと思う次第である。
見たわけではないがUSA での練習はきっと全然違うのではないかと容易に推察されちゃうのである。
 
ランニング→柔軟体操(最近ではストレッチ)→ダッシュ→キャッチボール→ペッパー→その日によっていろいろ;投げ込み、フリーバッティング、シートバッティング、ノック、レギュラーバッティング、(グラウンドの隅かバックネット裏の方でトスバッティング)→ベースランニング、素振り→整理体操(最近ではクールダウンなどと言っている)
 
指導者はいろいろ屁理屈をいうが、ほとんどはみんなこなすだけ。
意味もわからずに惰性でやってることが多いのである。
まあつまらないのである。
昔から野球部の練習は他のどの部活よりもつらいというのが通説である。それで野球部員はみんな長距離走なんは速くなって、陸上部に助っ人を頼まれたりしているのである。
これは野球に勝つためというより修行だからである。
効率は追及してはならないのである。
なんといっても野球は足腰重視なのである。
でも、試合中いつも動いているのは、ピッチャーとキャッチャーだけなのである。
多くの選手は打っても1塁までも全力疾走しないのである。
試合でも全力疾走しないのにどうして練習であんなに走っているのか分からないのである。
野球というゲームで勝つためには (特にトーナメントでは) 戦略、細かいチームプレーが非常に重要になる。
ただ単なる打つ練習、投げる練習、基礎体力づくりなどだけでは、勝てないのである。
トーナメントを勝ち上がるには、いろいろな場面での中継プレー、走塁、サインプレーなどを高次元で高確率で成立させなければならないのである。
そのためには、いろいろなことを繰り返して体に覚えこませる必要があり時間はものすごくかかるのである。

話はそれるが、私はラグビーもちょっと好きである (詳しいわけではないが)。
ラグビーと野球を比較すると分かり易い。
高校ラグビーなどをみていて強豪校などはもちろん練習は厳しいとは思うが、ラグビー経験はそれほど長期間でなくともレギュラーになれたり、トッププレイヤーになっているケースが少なくない。
これは野球では考えられない。
これはむしろ身体能力が重要であるラグビーと戦術や経験が重要な要素である野球の相違なのである。
どちらがスポーツかといわれればラグビーなのである。

野球はゲームなのである。

と考えると、高校野球などでは特に練習時間を長時間とれる強豪校がどうしても有利なのである。
しかも特待制度などで経験豊富な選手もいっぱいいるので、強豪校に勝つのは大変なのである。
だから、とりえのない普通のチームが勝ち上がっていくためには、相当効率よい練習が必要なのである。
最近では、1日の練習時間が2時間とか3時間であるにもかかわらず、毎年一定の成績を上げるチームが存在する。
たとえば、マシンを使った練習の日はストレッチだけしたら、ずっとバッティングでもよいのではないか。
そんな日はランニングやキャッチボールは省略しましょう。
生きた球をとる練習と称して、フリーバッティングの最中、多くの選手が長時間守備についているのであるが、たいくつ極まりないのである。
集中力を維持できるわけはないのである。
はやく自分の打つ番が来ないかと、それだけを考えてしまうのである。
他に有意義なことをしましょうよ。
翌日の練習は前の日までに分単位で決めておいて、効率よくこなす。
しかも年間でやるべきことを決めておく。雨の日は有効に戦略ミーティングなどに使う。
できれば監督だけでなく、選手も納得する形、というか選手主導でメニューを作った方がやる気がでるのではないか。
とにかく、自給1万円の仕事をしているかのうように、時間を有効に使い、古き良き練習と離別する。
これが勝つためには必要と主張するのである。

余談ではあるが、トップレベルの選手が喫煙という体に不利な状況を作りながら競技をしていられるのはスポーツとは呼ばなくてもよいのである。
ラグビーやサッカー、陸上競技などのアスリートが愛煙家であるという話はあまり聞かない。
一方、プロ野球選手はファンの前でも喫煙姿をよく見かけるほど、多くの愛煙家がいるようである。
要するに、野球は過酷な運動でも、自分を追い込まなければならないほどの身体活動ではないのである。
カッコ悪いので、ファンや少年たちの前では喫煙しないでほしいのである。
過酷でないことをトップアスリートが示しているにもかかわらず、野球の練習は過酷なのである。
不思議なのである。 

2013-04-13 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop

キャッチボールの方法

 日本ではトスバッティングにもさまざまな方法がることを書いたが、今回は野球の基本中の基本 (とだれもが信じている) のキャッチボールの方法についてである。キャッチボール
まずは思いついたもの、目についたものを挙げてみる。

  • ワンバウンドキャッチボール  ボールのリリースが自然と前になる。
  • 膝立ちキャッチボール  両膝を地面についた体勢で行うキャッチボール。下半身が使えないので上半身の使い方の練習
  • 正対してステップをしない状態でのキャッチボール  これも上半身の動きの使い方
  • 前足を踏み出した状態をつくってからのキャッチボール
  • 円形キャッチボール  いろいろな方向へ投げる練習
  • 縦列3人以上のキャッチボール  ボールの中継の動きの練習
  • 時間制限キャッチボール  30秒とか60秒とかの間に出来るだけ多くのキャッチボールをする
  • 遠投  肩を強くする
  • 横方向(左右)に走りながらのキャッチボール
  • 十字型に配置しての走りながらのキャッチボール
  • 大きさや重さの異なるボールでのキャッチボール
さまざまなのである。
調べれば、星の数ほど出てくるのであるが、きりがないのでこの辺にしておく。
 
ここでは、正しいキャッチボールの方法や即実践に結びつくやり方などを述べる気はさらさらないのである。
いつも通り全く実践に役立たない野球ブログなのである。

さて、この 『キャッチボール』 そのものについてチョコット考えてみたのである。
本邦においては 『キャッチボールはもはや野球とは独立したスポーツ』 と言っても過言ではないのである。
これだけで演歌の一大勢力になりえるのである。
各地でキャッチボールイベント、キャッチボールキャラバンなどが催されている。
また、日本プロ野球選手会ではキャッチボールプロジェクトに取り組んでいて、内外ゴムからは日本プロ野球選手会が監修した
キャッチボール専用球「ゆうボール」 (『遊(あそぶ)』、『友(ともだち)』、『YOU(あなたと)』の3つの『ゆう』をコンセプトに名付けられたそうである)
なるものも発売されているのである。
昔は空き地のあちこちで、キャッチボールをする姿が見かけられた。
正しい日本の Family 漫画では 

空き地・・・大きな土管・・・やぶれた鉄条網・・・半ズボンの子供たち・・・野球・・・キャッチボール・・・ 
は描かれなければいけない風景であったのだ。
別の視点からみると
高度成長期・・・サラリーマン・・・カミナリオヤジ・・・王、長嶋・・・大鵬・・・新幹線・・・東京オリンピック・・・ナイター中継・・・キャッチボール・・・いじめっこ・・・ガード下・・・枝豆・・・ビール・・・仕事帰りに一杯・・・
こんな感じである。

これこそ日本人の心、郷愁というような感じなのである。
最近都会ではキャッチボールをする場所がなく、子どもたちに時間もなく、目にする機会も減ってきていて残念である。
ビールを飲む機会は減っていないのに理不尽である。
とはいってもうちの周りはまだ田舎なので、キャッチボールをする風景をときどき見ることができてうれしい限りである。
「危ないからやめなさい」などいう無粋で非演歌的オヤジも見かけないのである。
私なんぞは大きくなって相手にされなくなった息子は諦め、向かいの子とキャッチボールをしているのである。
そのためという理由をつけて人生ではじめてのファーストミットも買ってしまったのである。
ちなみにキャッチボールは和製英語であり正しくはplaying catchで、「キャッチボールをする」は play catch なのだそうなのだ。
これは飲み会のときのでも偉そうに語っていただいて結構なのである。
野球は演歌であるが、キャッチボールは野球から派生したものの独立した文化であると認定するのであった。
    
2013-03-02 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop

トスバッティングの方法

 野球人であれば、バッティング関連の練習としては、素振りの次に数多く行うであろうトスバッティングの方法にトスバッティングいて調べた。
ここでいうトスバッティングとははペッパーではないのである。
(基本的には投手に打ち返す打撃練習がペッパーで、トスされたボールを打つのがトスバッティング)
真正面から投げられたボールを打つのが理想ではあるが、投げ手が危険なためほとんど外角よりの前方からトスされたボールを打つことが多い。
しかし、工夫していろいろなトスバッティングの方法があるのがいかにも日本らしいのである。
Baseball ではなくこれぞまさしく「野球」の練習方法なのであろう。
この一般的な外角前方からトスされたボールを打つ (ほとんどひっぱる練習) 以外には
 
  • 投げ手が防御ネットの陰や、穴をあけたネットから打ち手の正面に投げるもの
  • 打者の背面方向から投げるもの (ミートポイントまで引きつけて打つ練習、逆方向に打つ練習)
  • 頭上高い位置からミートポイントに落下させたボールを打つ (打つポイントのチェック?)
  • トスマシーンを使用して真下から上げられたボールを打つ
  • 真横 (打ち手の体の正面) から投げたボールを打つ (打つポイントのチェック?)
  • キャッチャー方向からトスされたボールを打つ (打つポイントのチェック? フォロースルーが大きくなる? ボールを引き付けないと打てないので変化球への対応力がアップ?)
  • 片手(左、右どちらか)で打つ
  • 座って打つ (上半身の動作確認?)
  • バドミントンのシャトルを使用するもの
  • カラーボールや発泡スチロールのボールなどの柔らかくて軽いボールを使用するもの
  • ソフトボール、ゴルフボール、バレーボールなどを使用するのも
  • ワンバウンドさせたボールを打つ (イレギュラーするので選球眼の練習にもなる?)
  • 逆グリップで打つ
  • 速く連続でボールを投げてもらって打つ (スウィングスピードアップ? 最短距離でバットを出す練習?)
  • スタンスをできるだけ広くして打つ (体重移動野確認?)
などなど・・・
 
どうでしょう。
日本人ってすごいですね。
たったトスバッティング一つでこんなに考えつくとは。
でも、どんな目的でやるのか理解しないで練習しないとダメでしょう。
ところがこれらの方法による効果としては、
例えば、真後ろから投げたボールを打つトスバッティングの目的からして、
①打つポイントのチェック
②自分のポイントでないと打てないのでよい練習になる
③フォロスルーが大きくなる
④ボールを引き付けないと打てないので変化球への対応力がアップ  
などと、人によってまちまちなのである。

この怪しい感じが野球なのである。
少なくとも、素振りよりは楽しく練習ができることと満足感があることなどは利点であると思うが、指導者が意図するような効果があるかははなはだ疑問でもあるのである。
でも、練習に取り入れるのであれば少なくとも全力でバットを振らないとい意味はないと思うのである。 

2013-02-25 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop

左バッターは左ピッチャーが苦手?

野球は左バッターであると述べた。しかしながら、多くの左打者は左投手を苦手とする。と、少なくとも思われている。この根拠も絶対的な論理などないのであるが、この理由として最もらしく語られているのは、

①   左対左の場合、打者の背中方向から球が来るようになるため見極めが難しく、さらに恐怖感がある。
②   右対右も同様の関係にあるが、右ピッチャー、右バッターの方が多いため、小さいころから慣れていて、違和感が少ない。それと比較して 左対左は対戦機会が少なく、練習もあまりできない。
 
この二つが代表的な意見である。
これ以外にも左打者は振り切った方向と走りだす方向が一致しているので、開きやすく、インコースが打ちにくくなるためなども言われていたような気がする。
私は小さいころから行っているトスバッテティング(ペッパーではない)も原因の一つと思っている。
日本独特(アメリカでは行われないという)の素振りの次に、バットを振り込むのはトスバッテティングであると思う。
これは、(最近ではいろいろな方法があるが)打者のアウトコース側前方(左打者であれば右斜め前方)からボールをトスすることが一般的で、野球人は小さいころからこれをいやというほど、繰り返しているのである。
必然的に背面側からくるボール(左投手 vs 左打者)は違和感をおぼえるように刷り込まれてしまう(右打者は右投手を打つ機会が多いので、慣れる)。
今回、述べたいのはこの原因ではなく、
通常の左打者はやはり左投手を苦手と思っていることが多いのは間違いのないことであるので、
対策はないかということである。
本来は苦手意識さえ持たなければ、問題なく対処できるはずであり、一流のプロ野球選手であれば、左対左を苦手としていてはレギュラーにはなれない。
そもそも、日米ともレギュラークラスの選手であれば、左打ちでもほとんど左投手を苦にしないことが多いのである。
確かに、慣れの影響は大きく、練習方法で克服できる可能性はあり、是非日々精進してほしいのではあるが、付け焼刃的対策を考えた。
バッターボックスの立ち位置を変えるのである。
そんなの誰だって考える
と、思っているでしょう。
一般的には 『ホ-ムベース寄りにたって、外角に逃げる球をねらう』 とか、『オープンスタンスに構えて、インコースの恐怖感をなくして、踏み込んで打つ』 とかを思い浮かべるはずです。
まさか、インコースが怖いから、ホームベースから離れて構えて、アウトコースは捨てるなどと考える方はいないと思いますが。
ちょっと違うんだなぁ。
下図左にある、①が中心線、②が右投手の球筋、③が左投手の球筋であると思ってください。
右投げ左投げ jpeg左投手対策論  





















この角度 α が苦手意識の原因なのであるから、右図のように(赤点線のバッターボックスが本来のバッターボックス)
③を中心線として、

あたかもホームベース、バッターボックスがα度傾いていると思って構える のである。
(オープンスタンスのように投手側の足を後ろに引いて構えるのではなく、α度傾いていると仮定したバッターボックスに対して、スクエアスタンスのまま体全体もα度1塁方向に傾けるのである)


そうすると、やはり外角はやや届きにくくなるため、少しホームベースよりに構えるのである。
これで、背中側からボールがくる印象はなくなるはず。

自分では画期的な方法と思っているのであるが、
元プロ野球選手には (はっきりした欠点は指摘されなかったが) 一笑に付されて相手にされず、
左投手を苦手とする息子も試してもくれていないようである。
この、『付け焼刃左対策』はいいと思うんですけどね。
誰か試してみてくださいよ。 

上の図だって、分かりやすくするため頑張って自分で作ったんだから。

2012-12-22 : 野球全般 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
スポーツ
4784位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
657位
アクセスランキングを見る>>

クリーンヒット

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。